Column

「ヌック(ぬっく)」とは何か?|誰でもわかるリノベ用語集

誰でもわかるリノベ用語集671

■ヌック(ぬっく)

「ヌック」とは、こぢんまりとした空間のことです。スコットランド後の「Neuk(ヌーク)」が語源だと言われていますが、英語表記では「Nook(ヌーク)」と表記します。

ヌックの発祥はスコットランドです。温かみのある居心地のよい場所をヌックと呼んでおり、主に家族が団らんする場所として使われていました。時代の流れと共にヌックに対する考え方も変わり、趣味や勉強をする省スペースの書斎として使われるようになりました。

現在では、家族団らんを楽しむ場所、一人でゆったりと過ごせる場所、本を読むスペース、子どもたちの遊び場としてヌックが用いられています。

ヌックを作るポイントは落ち着ける場所に設けることです。基本的に2~3畳の広さがあればヌックを設置できるでしょう。太陽の光を取り込みやすい場所がよいでしょう。ソファやテーブルなどを設置すれば、読書をしたりお茶やコーヒーなどを飲んでくつろいだりできます。

キッチンやリビングのスペースを用いてヌックを作ることも可能です。キッチンの脇にヌックを設置すれば、友人や家族との会話を楽しめるでしょう。好みのインテリアでそろえれば、リラックスできる空間を構築できます。

ヌックは小さなスペースであることが基本です。エアコンなどの空調設備は置かない方がよいでしょう。ただし、空気の流れを考慮して、空気が滞留しないようにレイアウトするのが大切です。

(参考:at home「ヌックとは」)

リノベーション事例集無料プレゼント実施中!

HAGSの自宅リノベーションなら、部分リノベからフルリノベまで希望や予算に合わせてリノベする空間を自由にカスタマイズできます!
自分らしい暮らしを実現させるためのプランをご提案します。


リノベ事例集をもらう