Column

「プラスターボード」とは何か?|誰でもわかるリノベ用語集

誰でもわかるリノベ用語集738

■プラスターボード

「プラスターボード」とは、プラスターを芯材にした板状の建築資材のことです。主に住宅の天井や壁などに使用します。プラスターにはさまざまな種類がありますが、使用頻度が高いのは石こうを主成分とした石こうプラスターです。

各辞書・辞典からの解説

「プラスターボード」について、他の角度からも内容を見ていきましょう。

「リフォーム用語集」より
「リフォーム用語集」において「プラスターボード」とは、以下のような文章で説明がされています。
「焼石こうを主原料とした心材の両面をボード用原紙で被覆して板状に圧延成型したもの。防火性、遮音性、施工性などに優れ、安価であるため、壁・天井下地材など広く使用されている。厚さ12.5mmのボードは不燃材、9.5mmのボードは準不燃材として認定されている。」

つまり、「プラスターボード」とは、「板状に圧延成型した焼石こう」のことであるとおわかり頂けたと思います。

リノベーション事例集無料プレゼント実施中!

HAGSの自宅リノベーションなら、部分リノベからフルリノベまで希望や予算に合わせてリノベする空間を自由にカスタマイズできます!
自分らしい暮らしを実現させるためのプランをご提案します。


リノベ事例集をもらう