Column

「ヒートポンプ(ひーとぽんぷ)」とは何か?|誰でもわかるリノベ用語集

誰でもわかるリノベ用語集754

■ヒートポンプ(ひーとぽんぷ)

「ヒートポンプ」とは、熱媒体や半導体などを使って熱を移動させる技術のことです。空気中の熱を集めてからくみ上げるため、ヒートポンプと呼ばれています。ガスや石油による燃焼方法に比べて、二酸化炭素の排出量が少ないというメリットがあります。

各辞書・辞典からの解説

「ヒートポンプ」について、他の角度からも内容を見ていきましょう。

「リフォーム用語集」より
「リフォーム用語集」において「ヒートポンプ」とは、以下のような文章で説明がされています。
「冷凍機の原理を応用して冷媒ガスをコンプレッサーで強制的に気化または液化させることにより熱を放出・吸収させて暖冷房する空調方式。ガスエンジンで動かすガスヒーポン と、コンプレッサーをモーターで動かす電気式があり、家庭用のシステムも普及しつつある。」

つまり、「ヒートポンプ」とは、「熱を移動させて暖冷房する空調方式」のことであるとおわかり頂けたと思います。