Column

「ウルトラ・サーフェス」とは何か?|誰でもわかるリノベ用語集

誰でもわかるリノベ用語集773

リフォーム・リノベ会社の 事例集ダウンロードと
お問い合わせはこちら

■ウルトラ・サーフェス

「ウルトラ・サーフェス」とは、水晶や石英を主成分として樹脂や特殊繊維を組み合わせた新素材のことです。純度の高い水晶のみを使用しており、天然鉱物にはない耐熱性や耐薬品性を誇ります。

ウルトラ・サーフェスは表面硬度が高く、生活傷が付きにくいのが特徴です。天然石、セラミック板、結晶ガラス板よりも硬く、強い衝撃を加えても傷が目立ちにくいでしょう。アルコール、アルカリ性薬品、漂白剤などの薬品に強く、長時間触れても変化が起きにくいという強みがあります。

ウルトラ・サーフェスは主にキッチンカウンターの素材として使われます。キッチンカウンターの素材にはステンレス、セラミック、大理石、天然石、水晶などがありますが、それぞれにメリットやデメリットがあります。

例えば、ステンレスはサビや臭いが付きにくいというメリットがありますが、表面に傷が付きやすいというデメリットがあります。天然石は高級感がありますが、シミが付きやすいのでこまめな清掃が必要になるでしょう。ウルトラ・サーフェスは耐衝撃性、耐熱性、耐汚染性など、カウンターキッチンに求められる性能が高いという魅力があります。カラーバリエーションも豊富なため、キッチンのイメージに合わせて好みのカラーを選べます。

また、ウルトラ・サーフェスは柔軟性があり、さまざまなデザインへの加工が可能です。自由度が高いため、商業施設の空間素材として用いられることがあります。

(参考:吉本産業「ULTRA SURFACE」)

リフォーム・リノベ会社の 事例集ダウンロードと
お問い合わせはこちら