Column

カビの原因にもなる湿気。湿気取りに有効な対策とは

カビの原因にもなる湿気。湿気取りに有効な対策とは


家の中で湿気がたまりやすい場所といえば、どこを思い浮かべますか。実は、家の中には湿気がたまりやすいところがたくさんあります。

湿気がたまったまま放置すると、様々なトラブルも発生します。湿気を取り除くためには何をしたらいいのでしょうか。日頃から気を付けておきたいことや、便利なアイテムについてご紹介します。
 

家の中は湿気がたまりやすい

最近の住宅は気密性が高く、湿気がたまりやすい環境と言われます。マンションやアパートでは窓を設置できる箇所が限られていることも多く、さらに窓がない部屋があったり、十分な換気ができない部屋があったりもします。

湿気がたまりやすい場所としては、まず洗面所、浴室、洗濯機などの水回りが挙げられるでしょう。毎日水を使う場所であるため、頻繁に水気を拭き取ったり、換気や乾燥をさせたりする必要もあります。シンク下は温度も高く、扉を閉めきっていると通気性も悪くなって湿気がたまりがちです。

さらに、履いた靴や身につけた衣類にも湿気はこもっています。それらを収納する靴箱やクローゼットにも湿気がたまりやすいです。また、寝ている間にかいた汗を吸収した布団をしまう押し入れも同様です。さらに、結露のできる窓回りも湿気がたまりやすいでしょう。
 

湿気をためるとどうなる?

カビの原因にもなる湿気。湿気取りに有効な対策とは


湿気をためたままにしておくと、どのようなことが起こるのでしょうか。

まず、カビが発生することがあります。浴室はもちろん、洗濯機やクローゼット、押し入れの中にもカビは発生します。結露を放置した窓回りが腐食したり、カーテンにカビが生えたりすることもあるでしょう。カビは見た目が不快なだけでなく、アレルギーや肺炎などの健康被害をもたらすこともあり、体に悪影響も与えます。カビを見つけたらなるべく早く取り除きましょう。

さらに、湿気がたまったところはダニや害虫が発生することもあります。家の中は壁紙を貼っている家庭も多いですが、湿気の多い部屋は壁紙が浮いてくることもあるでしょう。
 

すぐにできる湿気取りの方法

たまった湿気を放置したことで起こるトラブルは、回避したいもの。湿気を取るために、すぐにでもできることをご紹介します。


換気をする

部屋の中を換気して、湿気を外に出しましょう。よく晴れた日には窓を開けて、空気を入れ替えます。窓が1つしかなかったり、窓がなかったりする場合は、扇風機やサーキュレーターを活用して空気の流れをつくります。部屋だけでなく、クローゼットや押し入れの扉も開けて換気しましょう。また、湿度が高くなりがちな浴室の換気扇は、つけたままにしておくと湿気がこもりにくくなります。


身につけた衣類は乾燥させる

一度身につけた衣類や履いた靴には湿気がこもっています。そのままクローゼットや靴箱にしまうのではなく、しっかりと乾燥させてから収納しましょう。


布団を乾燥させる

カビの原因にもなる湿気。湿気取りに有効な対策とは


寝汗を吸収した布団には湿気がこもっています。布団乾燥機を使用したり、晴れた日に布団を干したりして布団にたまった湿気を取り除きましょう。布団の下に敷く除湿シートを使うのもおすすめです。


収納スペースに通気性を確保する

クローゼットや押し入れの中に物を詰め込んでいませんか。ぎゅうぎゅうに詰め込んでしまうと通気性が悪くなり、湿気がたまりやすくなります。ゆとりを持たせた収納を心掛けましょう。また、布団の下などにスノコを敷いておくと、空気の流れができ有効と言われます。


除湿剤を置く

湿気がたまりやすい収納スペースには除湿剤を置きましょう。ただし、湿気を吸収して水になった除湿剤を放置すると逆効果です。定期的に交換しましょう。湿気は下にたまる性質があるため、除湿剤は下の方に置くとより効果的と言われます。

重曹を瓶などに入れ、薄い布や紙をかぶせて輪ゴムなどで縛って置いておくのも有効です。重曹は湿気を吸収する性質があり、吸湿すると固まります。固まったら交換のタイミングです。


新聞紙を敷く

新聞紙は湿気を吸収してくれます。靴箱やクローゼット、押し入れなど、湿気が気になる収納スペースには新聞紙を敷いておくこともおすすめです。


家電を活用する

カビの原因にもなる湿気。湿気取りに有効な対策とは


衣類乾燥機や除湿機などの家電も活用しましょう。例えば梅雨の時期は洗濯物を部屋干しすることもありますが、そうすることで部屋の湿度はさらに上がります。衣類乾燥機を使用して乾かしたり、除湿機を活用したりして部屋の中の湿度を上げないようにすることも大切です。エアコンの除湿機能を使うのも効果的でしょう。

 

まとめ

水回りや収納スペース、窓回りなど、家の中には湿気がたまりやすい場所がたくさんあります。湿気を放置すると、カビが発生するなどして体に悪影響を与えかねません。

湿気をためないようにするために、日頃からできることはたくさんあります。収納スペースに工夫をしたり、家電や便利なアイテムを活用したりして湿気取りを心がけ、家の中を快適に過ごせる空間にしましょう。
 

無料でお届け!リビングリノベーションの施工事例集

「リビングだけリノベする」という選択

こんな方におすすめです

・家族で過ごす時間が増えたので、もう少しくつろげる空間にしたい
・隣の和室をつなげて開放感のある空間にしたい
・無垢材の床やアクセントクロスなど、自分好みのテイストに変えたい
・家族が増えたので、今よりも広いリビングに間取りを変えたい


簡単30秒!リノベ事例集を取寄せ(無料)

無料でお届け!水回りリノベーションの施工事例集

「水回りだけリノベする」という選択

こんな方におすすめです

・洗面台が古くなってきたので、折角なら自分好みに変えたい
・憧れの造作の洗面台をつくりたい
・トイレの取り換えを機に、アクセントクロスにしてみたい
・水回りをまるっとリノベーションしたいので、デザインの提案が欲しい


簡単30秒!リノベ事例集を取寄せ(無料)