Column

今日から収納上手!使いやすいキッチン作りのポイントとリノベ事例

この記事を書いたのは
はせがわ あかね|整理収納アドバイザー
作業療法士として働きながら、整理収納・子育て・インテリアなど暮らしに役立つアイデアを発信。

あなたらしく「暮らしやすい」空間づくりを提案します


こんにちは!片づけクリエイターのはせがわあかねです。

溢れるカトラリー、期限切れの調味料、いつまでも片付かないキッチントップ……そんなキッチンのお悩みはありませんか? ほんの些細な不便でも毎日積み重なると大きなストレスになってしまいます。そこで今回は、キッチンまわりの悩みを解決する収納の作り方と事例をご紹介します。

リフォーム・リノベ会社の 事例集ダウンロードと
お問い合わせはこちら

キッチンにありがちな悩みと3つの収納のポイント

毎日使う場所だからこそ、使い勝手や見た目が気になるキッチン。快適に使うためには、気をつけておきたい収納のポイントがあります。

デッドスペースを有効活用する

キッチンまわりの悩みで最も多いのが、収納スペースに関する問題です。アパートや賃貸住宅の場合、キッチンはコンパクトなタイプがほとんど。備え付けの収納棚にキッチン用品が収まらなかったり、洗った食器の置き場がなく出しっぱなしになってしまったりすることも。

物理的に広さを拡張することはできませんが、収納方法を見直して広々と使うことは可能です。吊り戸棚の上方部や冷蔵庫横のちょっとした隙間など、デッドスペースとなりがちな場所を上手に活用することがポイント。戸棚の上は手が届きにくいため、取手のついた収納ボックスを使ったり、冷蔵庫の横ならマグネットタイプの収納アイテムを導入するなどの方法があります。

「見せる収納」と「隠す収納」を使い分ける

頑固な油汚れやシンクの水垢など、キッチンは家の中でも汚れがたまりやすい場所です。汚れを放っておくとますます落ちにくくなり、キッチンに立つこと自体がストレスとなってしまいかねません。

掃除がしやすいキッチンの基準のひとつに、“モノの量”があります。キッチンに置いてあるモノが少ないほど掃除はグッと楽になりますよね。そうは言っても、これ以上モノを減らせないという状況もよくあります。

このような場合に意識して欲しいのが、「見せる」と「隠す」を使い分けて収納するということです。油はねしやすいコンロ周りにはダイレクトに調味料を置かず、引き出しにしまったり、逆に、よく使う食器やラップなどのアイテムは見せる収納にするなど使うモノの頻度や掃除のしやすさを加味して、収納方法を検討しましょう。

作業を動線上に収納する

「キッチンが狭い」「収納スペースが少ない」これらが理由でキッチンが使いにくいと感じるケースは確かに多いです。しかし、モノを収納する場所や収納方法が間違っていると、例えキッチンが広くても、収納スペースが充分に確保してされていたとしても使いにくさを感じてしまいます。

モノの収納場所を決めるときは、どの場面で何を使うのか、実際の作業の流れをイメージをして考えましょう。例えば、“米を炊く”という作業には、米を量るための計量カップ、米を研ぐためのザル、炊飯器や土鍋が必要となりますよね。これらの道具が作業の流れに沿って配置されていると作業動線が短くなり、効率的な収納が完成します。

真似したい!機能的な収納を備えたキッチンリノベ事例

それではここから、ワザありなキッチン収納の事例を通してご紹介します。

使いやすさ抜群なオープン収納

事例提供:アズ建設

こちらの手前にある作業台。キッチンの内側から見てみると、中には棚が設置されています。

事例提供:アズ建設

オープン棚はワンアクションでモノの出し入れができて便利な反面、ごちゃついた印象になりがち。ですが、片面を隠すことで見た目はスッキリさせつつ、機能的で使いやすい収納を実現させています。

わずかなスペースも見逃さないワザあり収納

事例提供:デコラホームステージング

シンク前の壁にパイプを設置し、キッチンツールなどの収納として有効活用。掛ける場所に困りがちなタオルや、キッチントップにあると掃除が大変なスパイスボトルなどもスッキリ収まります。

潔く隠す大容量な壁面収納

事例提供:湘南リフォーム

モノが少なくスッキリとしたオープンキッチン。その秘密は、キッチン背面にある大容量の壁面収納です。

事例:アズ建設

引き戸の中は可動棚が設置されており、収納するモノに合わせて高さを調整できます。使うときだけ開放し、使わないときはまるで壁のようにすっきりと見せることができます。

まとめ

モノが集まりやすく、その分困りごとが多いキッチンの問題。最新の家電や広さがあれば快適に使えるかというと、そうではありません。何に対して不便を感じているのかを明らかにし、解決していくことが大切です。

それぞれの悩みに対する収納のポイントを参考に、ご自宅のキッチン収納を見直してみてはいかがでしょうか。

リフォーム・リノベ会社の 事例集ダウンロードと
お問い合わせはこちら