Column

キッチンに造作家具を置くリノベーション・リフォームの費用・事例・注意点

リノペディアとは
リフォームやリノベーションの実際のユーザーの声をもとに、現場からその工事にかかる費用・工期・注意点などのポイントをまとめた工事事典です。

監修:空間プロデューサー 岡野 潤
「引き渡しからが本当のお付き合い」。施工責任者・アフター責任者として、住んでからの小さな改良工事や疑問点・お困りごとの相談など全般を担う

 

今回のテーマ

ダイニングキッチンに造作でアイランド収納を設けたい

 

1. この工事で影響する場所は?

・床・壁・天井(造作家具を設置する場所)

造作家具を設置したい壁や天井を補強したり、床に固定したりする必要があります。

 

・配線(照明の移動が伴う場合)

家具を設置する場所に照明がある場合は、移動させるために配線工事が必要になります。

また、造作家具にコンセントを設ける場合にも、配線工事が必要です。

 

2. 費用相場

・費用相場は、約15万円~25万円です。

 

造作家具に使用する素材やサイズによって費用が異なります。

 

・費用には下記のものが含まれます。

 

 造作工事

 家具の仕上げ材

 床や壁、天井の仕上げ材(フローリング・壁紙・珪藻土など)

 配線(電気工事が必要な場合)

 

3. 工期の目安

2日間位

 

上記が基本の日数となり、必要となる追加工事の種類が増えるに従って、工事の日数も増えます。

 

4. 工事の流れ

1)家具の組み立て

部材をカットして組み立てます。

 

2)家具の設置場所の補強・設置・固定

天井や壁に設置する場合は、補強工事を行います。組み立てた家具を設置場所に固定します。

 

3)家具の着色・仕上げ

家具の表面を仕上げ、必要であれば、内装に合わせて着色します。

 

4)内装の仕上げ(必要な場合)

照明の移動に伴い、既存の内装材をやり替える必要がある場合は、天井・壁(壁紙や塗り壁)、床(フローリング)などの内装を仕上げます。

 

5. キッチンに造作家具を置く工事のリノベーション・リフォームの事例

事例1:キッチンの天板と同じ素材でコーディネート

キッチンの天板と同じ素材や塗装でアイランド収納を仕上げることで、スッキリとまとまったオリジナルの空間になっています。コンパクトながらも使いやすいサイズ感は、空間に合わせられる、造作ならではの良さです。

 

事例2:用途に合わせた大容量オープン棚

壁の奥行きと幅にピッタリ合わせて造作されたカウンター収納です。大容量ながらも、圧迫感の無い高さで、ナチュラルテイストの部屋にも馴染んでいます。両面から収納が出来て、使い勝手も計算されています。

 

事例3:造作だから持っている家具にも合わせられる

家電収納を兼ねたキッチンカウンターは、LDKの空間を仕切る役割も果たしてくれています。造作なので、部屋のサイズだけでなく、ソファーのサイズにも合わせて作ることができて、デッドスペースがありません。

 

6. 業者の選び方チェックポイント

1.工事品質 

事前の現場確認の記録を残しているか
当たり前のことですが、寸法などの記録をしっかりとることです。

養生をしっかりしているかどうか
工事の際には特に、通路・エレベーターなどの共有部分に養生の仕方に差が出ます。丁寧さはこういう場所に出るというのは現場でも大切にしています。

現場を裸足で歩けるか
整理整頓ができている現場は釘などの危険な工具が落ちていません。部材の整理整頓はもちろん、ほうきと塵取りでこまめに掃除ができる環境であることも大切です。

リスクの説明があるか
中古リノベーションの場合は、現場の状況により希望していた工事が出来ないケースがあります。契約の前にリスクの説明があるか確認しましょう。

 

2.デザイン提案力

メーカー品以外の提案ができるか
有名メーカーのアイテムは、どの業者でも比較的見積を取りやすいですが、有名メーカー以外への知見もあるかが一つの基準になります。

ニーズにあった提案ができるか
ヒアリング時に「どのアイテムが良いか」だけでなく、「なぜその窓が良いか」や、「使い方」のヒアリングがあると、ニーズに沿った提案があることが期待できます。アイテムが決まっている場合は個人でインターネットで価格を確認しながら選択できるメリットがあります。デザイン提案を期待するのであれば、使い方を含めたデザイン案を出せる業者が良いでしょう。

 

7. 工事の際の注意点や意外な落とし穴

大工さんの造作と家具屋さんの造作とでは費用が異なる

造作家具を作る方法には、大工さんが現場で組み立てていく方法と、家具屋さんに依頼して事前に作ってもらい、運び入れて設置する方法の2種類あります。家具屋さんは扉付きなどの細かいデザインの家具に向いており、部屋に使っている内装材や塗料と同じもので仕上げて統一感を出すうえでは、大工さんが向いています。デザインによって仕上がりが変わりますし、費用も変わるので、どちらに作ってもらうかを検討しておきましょう。

 

イメージの相違を無くす打ち合わせが必要

既製品の家具と違い、見本が無い造作家具は、完成するとイメージが違っていたということがあります。材質や、棚の厚み、色、サイズなど、製作者とイメージの相違が無いように、しっかりと打ち合わせをしておきましょう。平面図だけではなく、完成イメージを立体図やパースで見せてもらうことは、相違を無くすうえで役立ちます。

 

収納する物を明確にして伝えておく

家具は見栄えだけではなく、強度面も考えておく必要があります。製作者の想定より、多くのものを収納してしまい、棚が沈んでしまったり、ひび割れが生じたりした、というケースもあります。食器だけを収納する場合と、家電を置く場合とでは、棚の厚みや補強が変わってきます。何を収納するかを明確にして、事前に伝えておきましょう。

 

8. オススメの造作家具のアイテム

ミミ付き棚板 [厚み 24mm 糸面] ナチュラル色

一枚板のような自然な木のラインが楽しめるミミ付きの無垢の棚板です。無垢フローリングや珪藻土の壁など、自然素材にこだわった空間や、木の温かみがある北欧テイストの空間に馴染みます。奥行きは2サイズ、幅は4サイズあるので、飾り棚や造作家具など、用途に合わせて幅広く使えます。

仕上げてる棚板 [厚20mm 糸面] ライトブラウン色 木目ブラックチェリー柄

ブラックチェリーの木目が美しい棚板は、6方全面仕上げられているため、すぐに棚板として使えます。加工の必要がないので、飾り棚としてだけでなく、造作家具に棚板を増やしたい時にも活用できます。

 

9. まとめ

この「リノペディア」では、リフォームやリノベーション時のモヤモヤを一つずつ紐解くことで、後になって思いもよらない事態に陥ることがないよう、実用的な注意点をお届けしています。費用は現場の状況や時期により異なる点、工期や状況も現場の状況が優先されますので、ここに記載された情報を参考に、事前に業者にしっかりと確認をするようにしましょう。

リノベーション事例集無料プレゼント実施中!

HAGSの自宅リノベーションなら、部分リノベからフルリノベまで希望や予算に合わせてリノベする空間を自由にカスタマイズできます!
自分らしい暮らしを実現させるためのプランをご提案します。


リノベ事例集をもらう