Column

クローゼットに自分の居場所もプラス!成功する秘訣

クローゼットは単にモノの収納場所としてだけでなく写真のように一つのお部屋のようなクローゼットを叶えるコトができます。しかしいくつかポイントがあるのでその成功の秘訣をお届けします。

クローゼットに自分の居場所を創るメリットは?優先順位の確認

当然ながらクローゼット内の限られたスペースの中にデスクを設置するとその分の収納力が減ります。それでもクローゼット内に自分の居場所を創るメリットがあるかどうかをしっかり考えましょう。

例えば「着替えの身支度と共にそこでお化粧も済ませてしまいたい」。寝室横のクローゼットであれば、「寝る前にゆっくり自分の時間を過ごしたい」「扉を閉めて個室になり、寝ている人の邪魔にもならない」「子どもが寝た後で作業(仕事や趣味)でき、隣だから泣いてもすぐに対応できる」など。

何かしら自分のライフスタイルに合致しているメリットがあり、尚且つ優先順位が収納力よりも高いかどうかをまず見極めましょう。目的がハッキリするコトで実際に使いやすい場所が実現します。

絶対に外せない!モノの管理

とは言え、収納力が減るコトへの心配があるかもしれません。そこでとても大切なコトはデスクなどを置いて、それ以外の収納スペースがどれくらいあるのか、そしてそこにどれくらいの量のお洋服などが収納できるのかを、リノベーションの打ち合わせ時に明確にしておくことです。残りのスペースで自分のモノが全て収まり管理できるのか判断できるようにしておきましょう。

そのためにも自分の今ある必要なモノの把握はぜひ、しておきましょう。なぜならそのスペースが自分の持ちモノの適正量になるからです。スペースに納まるように日々、新しいモノが入る時に不要なモノは手離すなど管理が出来ればデスクスペースを作ってもモノのバランスと自分の居場所の心地良さが両方叶います。

まとめ

とにかく目的やモノの量などひとつひとつを明確にするコトで具体的に打ち合わせも進み不安も解消されます。それが実際の出来上がりや新たな暮らしがスタートした時にズレがなく「やって良かった!!」と思える成功に繋がります。ぜひ今回お伝えしたポイントを抑えてクローゼットに自分の居場所をプラス!を叶えましょう。

リフォーム・リノベ会社の 事例集ダウンロードと
お問い合わせはこちら

ライタープロフィール|真栄城 あさみ

真栄城あさみ
インテリアコーディネーター/自宅収益化プロデューサー
300件以上の自宅・店舗プロデュース。
サポート歴16年目。現在は本場ロンドンから最新情報を発信。
自宅空間を好きなコトで収益化し自由な働き方を叶える。
仕事も暮らしも心から楽しむ人を増やすことを使命に活動中。

HP: https://amudesign-m.com
Instagram: asami_maeshiro

リフォーム・リノベ会社の 事例集ダウンロードと
お問い合わせはこちら