Column

ウォークインクローゼットにハンガーラックを追加して収納力アップ

気を付けていてもいつの間にか増えてしまう衣類。余裕があったはずのウォークインクローゼットも気づいたら服でいっぱいといった経験はありませんか。

例えば、人気の「掛ける収納」を取り入れようとした時、クローゼットのハンガーラックがすでに服で埋まっていたら困りますね。ハンガーラックは無理に詰めて掛けてしまうと、使い勝手も悪くなると言われます。

そんな時、ウォークインクローゼットの隙間をうまく見つけて活用すれば、もっと収納量を増やすことができるかもしれません。

ここでは、ウォークインクローゼットにハンガーラックを追加することで、掛ける収納に使えるスペースが増えるアイデアを紹介していきます。

ウォークインクローゼットの隙間を活用

ウォークインクローゼットの中で、ハンガーラックを追加できそうな隙間とは、どのようなものがあるのでしょうか。

すでに服が掛かっているハンガーラックでは、多かれ少なかれ、服の下に空間ができていることでしょう。服の着丈を揃えて並べると、着丈が短い服の下にさらにまとまった空間を作ることもできます。収納上手な人ならば、このスペースに注目して、チェストやラックを置いているかもしれませんね。

もしウォークインクローゼットの造り付けの収納棚がコの字型以外であれば、棚の無い壁面も収納に使うことができます。とはいえ、クローゼットの中を歩けるだけのスペースを空けておかなければなりませんから、奥行きのある壁面収納は動線の邪魔にならないように気を付けたいところです。

さらに、棚などが置けないような小さなスペースでも、工夫すれば掛ける収納に使える可能性もあります。

次に、隙間を見つけたらそこに追加するハンガーラックを選ぶことになりますが、このときに注意してほしいことの一つに耐荷重があります。衣類が多すぎて耐荷重を超える重量になっていると、歪みが出て壊れやすくなったり、安定が悪くて倒れやすくなったりするからです。

続いては、隙間スペースを活用できるハンガーラックを具体的にご紹介していきます。

ハンガーラックを追加して上下2段で使う

吊り下げられている服の下のスペースにハンガーラックを使えば、上下2段にハンガーを掛けられるようになり、収納力がアップするでしょう。

下段に追加するハンガーラックには、ボトムス用のラックを採用するのもよいでしょう。ボトムスを掛けやすい形状になっている物が多いので、収納が楽になりそうです。また、上段に収納しているトップスも同時に見渡せるので、コーディネートが早く決められるようになるかもしれませんね。

下の段のハンガーパイプを子供の目線くらいの高さにして、子供服の収納にぴったりのハンガーラックにしてもよいでしょう。子供が自分で服を選んで取り出すことができますし、洗濯後もハンガーごと掛けるだけなら子供たちもお手伝いしてくれそうです。

ポールハンガーでウォークインクローゼットの角も活用


HAGSアイテム:おしゃれ突っ張り棒 DRAW A LINE(ドローアライン)クロークセット(ホック・マグネット・シューズラック・トレイ)

部屋の隅や入り口近くに少しだけ使っていないスペースがあるならば、天井と床に1本のポールを渡す突っ張り棒のポールハンガーが設置できるかもしれません。これなら、シンプルで場所を取らず、収納を増やすこともできます。

ポールにフックや小さな天板などの部品を取り付けることで、ハンガーにかけた衣類だけでなく、帽子やバッグ、シューズも収納できます。クローゼット内から集めてきたコーディネート一式をかけておけば、着替えるときにクローゼット内を行ったり来たりしないで済みそうです。

ウォークインクローゼットの入り口付近にポールハンガーを設置できるなら、アクセサリーやバッグ、帽子などのファッション雑貨の収納場所にする使い方はいかがでしょうか。服を着替えた後、家を出る前に手に取るファッショングッズがまとまっているので、身支度がスマートにでき、忙しい朝の時間節約に役立つかもしれません。

ハンガーラックで空いている壁面を有効活用

ウォークインクローゼットで棚を付けていない壁面を収納にする方法を紹介しましょう。II型のウォークインクローゼットの正面奥の壁や、I型、L型で棚に向かうと背面に当たる壁などにハンガーラックを追加すれば収納量をさらに増やせるでしょう。

ただし、こういった壁は通路になっているスペースですから、追加するならスリムで奥行きの浅いハンガーラックにして、なるべく移動の妨げにならないようにしたいものです。

ハンガーを横向きにかけるタイプのラックよりもさらに奥行きを浅くするなら、突っ張り式のディスプレイラックを壁に沿って設置する方法もあります。

天井と床の間に2本の突っ張り棒を渡し、その間にワイヤーメッシュやフックの掛けられる板などを配している収納ラックです。浅い棚板を付けられるものもあるようです。

衣類の収納量は多いとは言えないかもしれませんが、フックを付ける位置が自由に変えられるので、雑貨類も合わせてレイアウトを工夫しながら、見せる収納を楽しむことができますね。

まとめ

ウォークインクローゼットにハンガーラックを追加して、収納力をアップする方法をいくつか紹介してきました。

ハンガーラックはいろいろなタイプがありますから、収納したいものの量やバリエーション、そして家族構成やライフスタイルに合わせて、より便利に使えるものを探してみてください。

無料でお届け!収納リノベーションの施工事例集

「収納だけリノベする」という選択

こんな方におすすめです

・収納が少ないので、一部屋収納に特化した部屋が欲しい
・押し入れをクローゼットにしたい
・和室をウォークインクローゼットに変更したい
・シューズクローゼットを設置したい


簡単30秒!リノベ事例集を取寄せ(無料)