Column

壁面収納×壁掛けテレビでおしゃれなインテリアに。空間の有効活用を

空間の有効活用ができる壁面収納と、まるで映画館のような見た目の壁掛けテレビ。これらを組み合わせることで、スタイリッシュな見た目の大容量の収納スペースができあがります。

壁面収納や壁掛けテレビには、様々な利点があります。反対に、知っておきたい難点も。それぞれ詳しくみていきましょう。また、壁面収納と壁掛けテレビを組み合わせる方法についてもご紹介します。

 

 

壁面収納とは

壁面のスペースを活用した収納のことです。床から天井まで、もしくは部屋の端から端までを収納スペースとした大きいタイプもあります。大容量の収納スペースを確保できるため、部屋の中の収納を集約させることも可能でしょう。

様々な形の家具や、素材や色の異なる家具を並べる方法もありますが、壁面収納1つに収納をまとめることでインテリアの統一感が出ます。壁面収納は、その大きさゆえに存在感があるため、インテリアに合った素材や色を選ぶのもポイントです。

扉があるタイプであれば隠す収納ができるため、部屋がすっきりと見えるでしょう。収納物にホコリが付くのも防げます。扉のないタイプは、開け閉めの操作がないため出し入れがスムーズです。お店のようにディスプレイしたり、見せる収納を楽しんだりと、おしゃれな演出ができるでしょう。

壁面収納には良い点がある一方で、いくつか難点もあります。まず、高さがあることで部屋に圧迫感を与えることがあります。気になる場合は、扉や棚の色を明るめにしたり、部分的に壁や床が見える余白スペースを設けたりしましょう。また、高い位置の収納物の出し入れがしにくいことも。上のスペースには使用頻度の低いものを収納する、ディスプレイのスペースとして活用するなど、工夫しましょう。

 

 

壁掛けテレビとは

テレビを置くのではなく、壁に掛けて設置する方法です。スタイリッシュな見た目で、すっきりとした印象を与えます。まるで映画館のようで、インテリアをおしゃれにしてくれるでしょう。テレビを壁に固定するため、地震のときにはテレビ自体が倒れにくいです。また、設置する位置が高ければ、小さい子供がテレビをたたく、落書きをするなどのいたずら対策にもなります。

壁掛けテレビにした場合、配線などが丸見えになるとごちゃごちゃした印象を与えてしまいます。また、DVDプレーヤーやゲーム機など、テレビまわりの機器の置き場に困ることもあるので、それらの収納場所を考慮する必要があります。壁に直接テレビを設置した場合は、テレビの位置を容易には変えられないのも注意点です。

 

 

壁面収納と壁掛けテレビを組み合わせる方法

多くの魅力がある壁面収納と壁掛けテレビですが、これらを同時に実現するにはどうしたらいいのでしょうか。主な方法3つをご紹介します。

 

テレビを壁掛けできる壁面収納家具を置く

テレビを壁掛けができるスペースが設けられた、壁面収納家具も多く販売されています。高さや幅などのサイズを細かく選べるタイプもあります。壁に直接テレビを設置しなくても壁掛けテレビを実現できるため、賃貸でも取り入れやすいのが魅力です。壁に直接設置しないことで、模様替えもしやすいです。DVDプレーヤーなどのテレビまわりの機器を置くスペースが設けられているものも多いため、置き場所に困るといったことは避けられるでしょう。

 

DIYで設置する

どんなデザインにするか、どんな材料を使うかなど、すべて自分で決めて設置する方法です。間取りに合わせてつくることができ、自由度が高く、好みに合った壁面収納になるでしょう。自分のアイデアを形にできるため、オリジナリティがあります。

材料費はかかりますが、業者へ依頼した場合に発生する人件費や設計費などがかかりません。同じ材料でも購入先により価格は異なるため、より安いところを見つけて購入することで、さらに材料費を抑えることも可能でしょう。

ただ、時間や労力がかかり、慣れない工具を使うことで、ケガのリスクもあります。

 

オーダーメイドでつくり付けをする

業者に依頼して、間取りに合った壁面収納をつくってもらう方法です。デザインや設計を自由に決められるタイプや、決められたデザインの中で選んで組み合わせるタイプなどがあります。

間取りに合わせて対応できるため、部屋に合った壁面収納をつくれるのが魅力です。上部や側面などにすき間ができないようにつくることで、ホコリがたまるのを防げます。プロに頼むため、仕上がりの美しさも魅力でしょう。

 

 

まとめ

壁を有効活用できる壁面収納は、大容量の収納スペースを確保できます。他の家具が不要になることで、部屋の雰囲気を統一させることもできるでしょう。壁掛けテレビは、スタイリッシュですっきりとした見た目になります。壁掛けテレビタイプの壁面収納家具を設置したり、DIYやオーダーメイドでつくり付けをしたりすることで、壁面収納と壁掛けテレビを組み合わせることができます。

無料でお届け!収納リノベーションの施工事例集

「収納だけリノベする」という選択

こんな方におすすめです

・収納が少ないので、一部屋収納に特化した部屋が欲しい
・押し入れをクローゼットにしたい
・和室をウォークインクローゼットに変更したい
・シューズクローゼットを設置したい


簡単30秒!リノベ事例集を取寄せ(無料)