Column

「幕板(まくいた)」とは何か?|誰でもわかるリノベ用語集

「幕板(まくいた)」とは何か?|誰でもわかるリノベ用語集



誰でもわかるリノベ用語集313

■幕板(まくいた)

「幕板」とは、壁やかに相当する場所に設置する横長の板のことです。1階や2階部分の間や瓦屋根の縁の部分など、境界的な役割のために用いられます。また、幕板はインテリアとして使用されることもあり、吊戸棚と天井のすき間を埋めるために用いられたり、テーブルの板のアクセントとして使用されることもあります。

各辞書・辞典からの解説

「幕板」について、他の角度からも内容を見ていきましょう。

「リフォーム用語集」より
「リフォーム用語集」において「幕板」とは、以下のような文章で説明がされています。
「横長の板のこと。横長の板を長手方向を横にして使ったものをさす。家具と天井の間にできたすき間を埋めるために取り付ける板、机に座ったときにちょうどヒザの辺りにある、脚に取り付けられた板のこと、鴨居の上に取り付けた板のことなどをいう。」

つまり、「幕板」とは、「横長の板」のことであるとおわかり頂けたと思います。

リノベーション事例集無料プレゼント実施中!

HAGSの自宅リノベーションなら、部分リノベからフルリノベまで希望や予算に合わせてリノベする空間を自由にカスタマイズできます!
自分らしい暮らしを実現させるためのプランをご提案します。


リノベ事例集をもらう