Column

マンションのリノベーションを予算内で行うためのポイント

マンションのリノベーションをしたいものの、どのような費用がかかるのかわからないので不安に感じる人がいます。そこで今回は、リノベーションの平均費用や予算内で希望をかなえるポイントを紹介します。

この記事を読み終えると、マンションのリノベーションの費用を抑えるコツがわかります。ぜひ、一読してください。

リノベ相談できる会社を探す

マンションのリノベーションの平均費用

マンションのリノベーションを予算内で行うためのポイント"

マンションのリノベーションの費用は、地域によっても異なりますが、1平方メートルあたり10~15万円が平均と言われています。
60平方メートルのマンションのリノベーションをする場合、600~900万円の費用が目安です。ただし、住居が小さい場合には1平方メートルあたりの費用が高くなることがあります。

 無垢素材を使用したフローリング、高性能の浴室設備など、ハイグレードの設備にこだわる場合には、費用がさらに高くなります。同じように、マンションが老朽化している場合には、配線や配管を一新する必要があるので、費用がかかります。

マンションのリノベーションを行うとき、まずは業者に相談することをおすすめします。複数の業者に見積もりを依頼すれば、リノベーションにかかるおおよその費用がわかるでしょう。その際には、どのような暮らしを求めているのか、理想の将来像を説明しておくと、具体的な費用を把握できます。

リノベーションでかかる費用の内訳

マンションのリノベーションを予算内で行うためのポイント"

ここでは、リノベーションでかかる費用の内訳を紹介します。リノベーションを行うときの参考にしてください。

すべてリノベーション工事でかかる費用項目

リノベーションを行うときには以下の費用項目があります。

リノベーション費用に影響する項目

リノベーションの費用は、さまざまな要素によって変わります。費用に影響する項目として以下のものがあります。

・キッチン
キッチンは、選択するメーカーやグレードによって大きく変わります。予算や目的に合わせて最適なキッチンを選びましょう。

また、通常の機能に加えて、ビルトインオーブンやディスポーザーなどの機能を設置すると、費用がさらにかかります。
 

・浴室
浴室は大きくわけて2種類のタイプがあります。浴槽、天井、壁、床がセットになったユニットバスのタイプと、モルタルとタイルで仕上げる浴室在来工法があります。浴室在来工法は、職人を多く必要とするので費用がかかります。

 
・特注
部屋にロフトを設置する収納棚を設置するといった特注を依頼する場合、リノベーション費用が通常よりもかかるので覚えておきましょう。
 

予算内でリノベーションを行うポイント

マンションのリノベーションを予算内で行うためのポイント"

リノベーションの費用を少しでも抑えたい場合、以下のポイントを押さえておきましょう。
 

優先順位をつける

グレードの高い設備は費用がかかります。そのため、リノベーションの優先順位をつけるようにしましょう。
 
例えば、ゆったりとした暮らしを望んでいる人は、壁やフローリングの素材にこだわるのがよいでしょう。料理が好きな人は、キッチンの設備を重視することで、快適な部屋に変えることができます。

 
予算をしっかりと伝えておく

見積もりを相談するときには、予算をしっかりと伝えておきましょう。リノベーションは、状況によっては費用が大きくアップする可能性もあります。最低限の予算を決めておけば、業者も対応してもらえるので遠慮なく相談しておきましょう。
 
また、見積もりを出してもらった後に依頼するときには、追加の料金が発生しないか確認しておきましょう。

 
仮住まいなどの諸費用も計算しておく

部屋全体をリノベーションするときには、仮住まいに住む必要があります。その場合には、仮住まいの家賃や光熱費がかかるので注意しましょう。家財道具についても、トランクルームなどに保管する場合には費用がかかります。

リノベ相談できる会社を探す

まとめ

マンションのリノベーションの費用は、1平方メートルあたり10~15万円が平均です。ただし、リノベーションの内容によって費用がさらにかかることもあります。特に、キッチンや浴室については、グレードの高い設備を選ぶと高額になるので注意しましょう。

リノベーションの予算を抑えるには、優先順位をつけることや予算をしっかりと伝えておくことが大切です。また、仮住まいなどの費用を計算しておくことも忘れないようにしましょう。