Column

「クマロン樹脂(くまろんじゅし)」とは何か?|誰でもわかるリノベ用語集

誰でもわかるリノベ用語集518

■クマロン樹脂(くまろんじゅし)

「クマロン樹脂」は「くまろんじゅし」と読みます。「クマロン樹脂」とは、クマロン、インデン、スチレンの共重合体のことです。主にゴム、塗料、接着剤の粘着性向上の目的や、充填物の分散性向上の目的で使われます。

各辞書・辞典からの解説

「クマロン樹脂」について、他の角度からも内容を見ていきましょう。

(1)「世界大百科事典」より
「世界大百科事典」において「クマロン樹脂」とは、以下のような文章で説明がされています。
「クマロン,インデン,スチレンの平均重合度4~8の共重合体。軟化点80~140℃。ゴム,炭化水素樹脂,フェノール樹脂に相溶性よく,樹脂,ゴム,塗料,接着剤の粘着性向上,接着性向上,充てん物の分散性向上のための改質材として用いられる。」

リフォーム、リノベーションにおいて「クマロン樹脂」とは、「共重合体」のことであるとおわかり頂けたと思います。

リノベーション事例集無料プレゼント実施中!

HAGSの自宅リノベーションなら、部分リノベからフルリノベまで希望や予算に合わせてリノベする空間を自由にカスタマイズできます!
自分らしい暮らしを実現させるためのプランをご提案します。


リノベ事例集をもらう