Column

「腰壁(こしかべ)」とは何か?|誰でもわかるリノベ用語集

誰でもわかるリノベ用語集531

■腰壁(こしかべ)

「腰壁」とは「こしかべ」と読みます。「腰壁」とは、壁のことです。名前の通り、床から腰高程度に張る別仕上げの壁のことを指しています。腰壁の主な役割は汚れや傷から守ることです。腰までの高さは汚れが付きやすいので、腰壁を取り付けることで壁を汚れから守れます。

各辞書・辞典からの解説

「腰壁」について、他の角度からも内容を見ていきましょう。

「リフォーム用語集」より
「リフォーム用語集」において「腰壁」とは、以下のような文章で説明がされています。
「壁の下半分に板材等を張りめぐらせた壁のことで、腰の高さに相当する90cm程度の高さに張られた壁の事。壁は、床面から腰の高さ程度までの間に傷・汚れが生じやすいため、それらに対応する壁の仕上げとして施工される。」

つまり、「腰壁」とは、「壁」のことであるとおわかり頂けたと思います。

リノベーション事例集無料プレゼント実施中!

HAGSの自宅リノベーションなら、部分リノベからフルリノベまで希望や予算に合わせてリノベする空間を自由にカスタマイズできます!
自分らしい暮らしを実現させるためのプランをご提案します。


リノベ事例集をもらう