Column

フローリングリノベーション。業者依頼でおさえておきたい5つのコツ

長年使ったフローリングの傷みが気になる、購入した中古物件の床材を変えたい、おもいきって部屋の雰囲気を変えたいなどといった場合に、フローリングのリノベーションを検討してみてはいかがでしょうか。フローリングのリノベーションを行う業者は、数多く存在します。何を基準に業者を選べばよいのか、どんなことに気を付ければよいのかなど、業者に依頼する際におさえておきたいコツをご紹介します。

 

 

リフォーム・リノベ会社の 事例集ダウンロードと
お問い合わせはこちら

どんな業者に依頼するか

リノベーションやリフォームを行う会社をはじめ、ハウスメーカーやインテリアショップ、家具や資材を取り扱う会社、工務店など、様々な業者がフローリングのリノベーションを行っています。たくさんの業者が存在する中で、どのような業者に依頼するとよいのか、迷うことも多いでしょう。

例えば、フローリングのリノベーション以外にもリフォームしたい箇所がある、間取りも変えたいなどといった場合は、リノベーション専門の会社に依頼するのもひとつです。また、フローリングに使用する床材にこだわりたい場合は、希望の床材を取り扱っているかどうかを基準に選ぶとよいでしょう。さらに、フローリングのリノベーションの経験が豊富な業者や、そのような施工を得意とする業者に依頼すると安心です。

 

 

複数の業者から見積もりをとる

業者によって、リノベーションの費用は変わってきます。依頼を検討する業者を複数選び、それぞれの業者に見積もりを出してもらい、比較してみましょう。業者によっては、無料で見積もりをしてくれます。

相見積もりすることで、業者へ価格の交渉もできるでしょう。さらに、リノベーションの妥当な金額を知ることが可能です。金額が最も安い業者を選ぶというのもひとつですが、安ければよいというものでもありません。手抜き工事などの可能性も出てくるからです。提示される費用も含め、信頼できる業者に依頼しましょう。
相見積もりの際には、すべての業者に同じ条件を提示することがポイントです。部屋の広さ、予算、希望の床材など、条件は同じにして比較してみましょう。

 

 

複数の業者と対話する

業者とのやり取りは、メールや電話などを使い進めていくことも多いですが、一度会って対話することをおすすめします。業者によって対応の仕方などは違いがあることが多いです。業者の印象や対応力、誠実さ、さらに業者との相性など、メールや電話ではわからない部分も見えてくるでしょう。また、リノベーションに関する知識の豊富さ、専門性なども確認しておきましょう。

 

 

リノベーション後のアフターケアの確認

リノベーションが完了した後の対応についても、確認しておきましょう。何か困ったことがあった場合や不具合が出たとき、きちんと対応してくれる業者に任せると安心です。保証の内容や保証期間などを確認しておきましょう。

 

 

フローリングの種類もチェック

フローリングには、大きく分けて無垢フローリングと複合フローリングがあります。フローリングの種類や、どんな木材があるかを知っておくことは、業者選択の際の基準にもなります。業者によって取り扱っている床材に違いがあったり、同じ床材でも仕入れ値が異なっていたりする場合があるからです。こちらでは、フローリングの種類についてみていきます。

 

無垢フローリング

自然な状態の木材を使用するため、木本来の味わいを楽しめ、木の温もりを感じられるでしょう。年月の経過とともに、色合いやツヤが変化していく様子を楽しめます。無垢フローリングに使われる木材には、大きく分けて広葉樹と針葉樹があります。
広葉樹は、堅くてキズが付きにくく、収縮や膨張が比較的安定しています。落ち着いた深みのある色でダークな光沢のウォルナット、白っぽくてやさしい色合いで主張しすぎない木目のメープル、はっきりとした木目が力強い印象のチェスナット、耐久性や耐水性があるオーク、淡い色合いで白を基調とした清潔感のある見た目のカバザクラなどが挙げられます。
一方で針葉樹は、やわらかくて肌触りが良く、足腰に負担がかかりにくいのが魅力ですが、キズが付きやすい、水分を吸収しやすいためシミができやすいという難点があります。素朴な見た目でやわらかな肌触りのパイン、独特な香りが特徴のスギ、耐久性の高さや癒しの香りが魅力のヒノキなどが挙げられます。

また、無垢フローリングは、部屋の湿度によって無垢材が水分を吸収・放出するという調湿作用があるため、部屋を快適にしてくれるでしょう。ただ、この調湿作用によって木材が膨張・収縮を繰り返すため、フローリングに反りや隙間が生じることもあります。さらに、木材によっては、水に弱いという特徴もあり、水まわりには使いにくい場合もあるでしょう。

 

複合フローリング

薄くした木の板を乾燥させて接着剤で張り合わせた、集成材という人工的な木材を使用したフローリングです。集成材の表面に、化粧材などを張り合わせています。強度があり、割れや反りなどが出にくいという特徴を持ちます。人工的につくられているため、品質が安定しており、バラつきがないのもメリットです。
経年変化を楽しめる無垢フローリングとは対照的に、複合フローリングは年月の経過とともに劣化していきますが、日頃の手入れはしやすいでしょう。

 

 

まとめ

以上、フローリングのリノベーションを業者依頼する際に、おさえておきたいコツを5つご紹介しました。フローリングのリノベーションを行う業者は、たくさんあります。業者とのやり取りや見積もりの内容、アフターケアの内容などを比較して、信頼できる業者にお願いすると安心です。また、フローリングについての知識も持っておくと、業者選びの際に役立つでしょう。

リフォーム・リノベ会社の 事例集ダウンロードと
お問い合わせはこちら