Column

「生石灰(せいせっかい・きせっかい)」とは何か?|誰でもわかるリノベ用語集

誰でもわかるリノベ用語集640

■生石灰(せいせっかい・きせっかい)

「生石灰」とは「せいせっかい」、または「きせっかい」と読みます。誤った読み方として「なませっかい」と言われることがありますが、正しくありません。

「生石灰」とは、酸化カルシウムで表される化合物のことです。生石灰には水を加えると温度が上昇し、水酸化カルシウムを生成します。融点は2572℃です。

各辞書・辞典からの解説

「生石灰」について、他の角度からも内容を見ていきましょう。

(1)「デジタル大辞泉」より
「デジタル大辞泉」において「生石灰」とは、「酸化カルシウムの俗称。きせっかい。」となっています。

(2)「精選版 日本国語大辞典」より
「精選版 日本国語大辞典」において「生石灰」とは、「酸化カルシウムの工業的名称。きせっかい。きいしばい。」となっています。

意味は「デジタル大辞泉」とほぼ同様です。

(1)〜(2)を合わせてみると、リフォーム、リノベーションにおいて「生石灰」とは、「酸化カルシウム」のことであるとおわかり頂けたと思います。

リノベーション事例集無料プレゼント実施中!

HAGSの自宅リノベーションなら、部分リノベからフルリノベまで希望や予算に合わせてリノベする空間を自由にカスタマイズできます!
自分らしい暮らしを実現させるためのプランをご提案します。


リノベ事例集をもらう