Column

「外断熱(そとだんねつ)・外張り断熱(そとばりだんねつ)」とは何か?|誰でもわかるリノベ用語集

誰でもわかるリノベ用語集868

■外断熱(そとだんねつ)・外張り断熱(そとばりだんねつ)

「外断熱・外張り断熱」とは、外壁の内側や柱の外側で断熱する工法のことです。主に板状の発泡プラスチック系の断熱材が使われます。コンクリート構造物などの熱容量の大きな建物に、断熱層を設けることで建物の内外での熱の移動を遮断します。

断熱材の使い方には外張り断熱と内張り断熱の2つの方法があります。内張り断熱とは断熱材を壁の中に詰めて使用する方法です。

各辞書・辞典からの解説

「外断熱・外張り断熱」について、他の角度からも内容を見ていきましょう。

(1)「デジタル大辞泉」より

「デジタル大辞泉」において「外断熱・外張り断熱」とは、「住宅の断熱工法の一。断熱材が構造物よりも外側にあるものをいう。柱と外壁の間にパネル状の断熱材を張るなどの工法がある」と説明されています。湿気の遮断がしやすく、壁内の結露に強いという特徴があります。

(2)「リフォーム用語集」より

「リフォーム用語集」において「外断熱・外張り断熱」とは、「建物の断熱層の位置もしくはその工法の事。主にコンクリート造などの、熱容量の大きい建物の外側に断熱層を設け、建物を外気から断熱して、建物に貯められた熱を逃がさないようにする方法」と説明されています。木造住宅で使用する場合には外張り断熱工法と呼びます。

(1)と(2)をあわせると、「断熱材が構造物よりも外側にある断熱工法」であることがわかります。

リノベーション事例集無料プレゼント実施中!

HAGSの自宅リノベーションなら、部分リノベからフルリノベまで希望や予算に合わせてリノベする空間を自由にカスタマイズできます!
自分らしい暮らしを実現させるためのプランをご提案します。


リノベ事例集をもらう