Column

内装リフォーム・リノベーションでおしゃれな配色にする3つのコツ

リフォーム・リノベーションにおいて、どんなレイアウトにしようか、どんな素材を使おうかで悩むことも多いものです。それと同時に、インテリアの配色をどうするかということも大切です。配色次第で、雑然とした印象のお部屋にも、おしゃれで居心地の良いお部屋にもなり得るのです。
こちらでは、内装における配色のコツをご紹介します。最後におしゃれな配色のリノベーション事例もご紹介しますので、参考にしてみてください。

 

100社を超えるリフォーム・リノベ会社の事例をまとめました! リフォーム・リノベ会社の

事例集ダウンロード

リフォーム・リノベ会社の

紹介を希望する

内装をおしゃれにする配色のコツ

おしゃれな内装にするために重要な配色。色を選ぶ際には、どのようなことに気を付けるとよいのでしょうか。

 

インテリア全体で色のバランスを考える

内装とは、壁や床、天井、建具、ソファやダイニングテーブルなどの家具、カーテンやラグなどを指します。それぞれ単体で気に入った色を選んでしまうと、1つ1つはおしゃれでも、全体で見たときに雑然とした印象を与えてしまうことがあります。内装全体で、色のバランスを考えて配色を決めましょう。
まずは、ベースカラー、メインカラー、アクセントカラーを決めます。ベースカラーとは、部屋の基礎となる部分で、天井や壁、床などの面積の大きい箇所に使います。メインカラーはお部屋の主役となる色で、大きめの家具や建具などで取り入れるとよいでしょう。アクセントカラーは部分的に使用する色です。ベースカラーやメインカラーの反対色や、濃い色などを選ぶとお部屋のアクセントになるでしょう。

 

それぞれの色が与えるイメージをおさえる

インテリアにどんな色を選ぶかによって、人に与える印象は変わってきます。
例えば、白は壁や天井、床などに使うと部屋を明るく、広く見せる効果があります。清潔感があり、万人受けする色だと言えます。インテリアのベース部分に取り入れることで、家具やカーテンなど他のインテリアの存在を引き立てるでしょう。
黒は、重厚感や高級感がある印象を与えます。天井や壁など全体的に使用したいけれど、圧迫感が気になる場合は、壁の1面だけに黒を取り入れるなどの工夫をするとよいでしょう。グレーは、白よりも落ち着いて、黒よりも軽さがある色で、使いやすいと言えます。
中間色で合わせやすい色の1つである緑は、自然や植物を連想させる色です。トーンにもよりますが、さわやかな印象を与えるでしょう。青は寒さを感じさせる色で、心を落ち着かせる効果があります。黄色は華やかな印象で、食欲がわく色ともされています。
このように、色の持つイメージはそれぞれ異なります。配色を決める際には、ぜひおさえておきたいポイントです。

 

色の組み合わせを考える

どのような色を組み合わせるかによって、統一感や印象が変わってきます。
例えば、黄緑と黄色、赤とオレンジ、紫と青といった、似たような色を組み合わせる場合、統一感が生まれ、安心感のある印象を与えます。また、同じ色味でトーンが違う色、例えば黄色の場合は、濃い黄色、淡い黄色、からし色などを組み合わせるのもおすすめです。こちらもまとまりのある印象を与えます。
また、オレンジと青、紫と黄緑など、あえて反対の色を選ぶという手法もあります。反対色の場合は、お互いの色を引き立ててくれるでしょう。
その他にも、違う色でトーンを合わせるという方法もあります。違う色を組み合わせる場合、トーンをそろえることで違和感なくまとまる場合もあります。例えば薄いグレーと淡いピンク、ベージュと淡いグリーンなど、ペールトーンでそろえることで柔らかい雰囲気になり、居心地の良いインテリアになるでしょう。

 

おしゃれな配色のリフォーム・リノベーション事例

こちらでは、おしゃれな配色のリノベーション事例を3つご紹介します。

 

フレンチスタイルで居心地の良い空間に

ベージュやブラウンのナチュラルな色合いと白をベースにしたインテリアです。シンプルな色合いの中で、目を引くのが青色のラグです。少しくすんだ色味で、存在感がありながらも空間になじんでいます。

 

家具の存在が引き立つインテリア

床や壁、天井などのベース部分は、ホワイトやベージュで統一しています。広く、明るく、清潔感のある印象です。ベースカラーがシンプルなため、ブラウンのソファや照明、青色のキッチンカウンターの存在が引き立ちます。
こちらの事例では、他の部屋に黄色や水色のアクセントウォールを取り入れています。いろいろな色を使いたい場合は、空間によってテーマカラーを変えて楽しむのもよいです。

 

テーマはミルクティのような温かい色

ミルクティをイメージしてデザインされた、淡いグレー、ベージュ、白の配色です。お部屋がやさしい雰囲気に包まれています。淡い色でまとめると、ぼんやりとしてしまいがちですが、黒のライティングレールやキッチンカウンターの模様がアクセントになっています。

 

まとめ

内装をおしゃれにするために、配色は大切なポイントです。壁や床、天井、家具などインテリア全体のバランスを考えて、それぞれの色を決めましょう。また、色を決める際には、色が持つイメージをおさえておくことで、希望のインテリアに近付けるでしょう。似たような色を組み合わせたり、あえて反対の色を組み合わせたりと、色の組み合わせ次第でインテリアの印象は変わってきます。

関連記事はこちら▼
完全版|おしゃれな内装リフォーム・リノベーションのガイド~種類・費用・事例まとめ~

100社を超えるリフォーム・リノベ会社の事例をまとめました! リフォーム・リノベ会社の

事例集ダウンロード

リフォーム・リノベ会社の

紹介を希望する