Column

DIYでも内装工事はできる?!おすすめのリフォーム・リノベーションを紹介

居心地のよい部屋をお住まいに構築したい方はリフォームやリノベーションがおすすめです。内装工事を業者に依頼するとまとまった資金も必要ですが、DIYなら予算を抑えた施工も可能です。

今回の記事では、DIYの内装リフォーム・リノベーションの魅力や施工方法についてご紹介します。DIYで可能な内装の施工についても解説していますので、DIYにに興味のある方はこの記事を参考にしてください。

DIYによるリフォームやリノベーションの魅力

DIYと業者との大きな違いとして、費用や手間があげられます。業者に内装工事を依頼する場合には、材料費の他に人件費や工賃などがかかります。一方で、DIYなら材料費のみで施工ができるため、予算に限りがある場合でもリフォームやリノベーションが実現できるでしょう。

業者に依頼すると、施工スケジュールについての詳細な話し合いをしなければなりませんが、DIYなら自分のペースで施工が行なえます。スケジュールを気にせずに施工ができるので、仕事や家事で忙しい方におすすめです。

DIYでリフォームやリノベーションをする場合は2人以上での作業がおすすめ

DIYの経験がない方や施工に不安のある方は、2人以上での作業がおすすめです。得意・不得意を補えるだけでなく、キレイな仕上がりのために正確な寸法を行う際にも、採寸や計算の間違いを指摘できるといった利点があります。

状況によってはやり直しをしなければならないケースもあるため、内装の施工については2人1組で作業する方が効率もよいでしょう。

DIYで可能な内装の施工

内装にはDIYでの施工が可能なものと、業者に依頼した方がよい施工があります。施工後のトラブルを避けるためにも、前もって確認しておくのがよいでしょう。

DIYでの施工が可能なもの

DIYでの施工が可能なリフォームやリノベーションのひとつとして壁紙の貼り替えがあります。

壁紙はホームセンターなどで販売されており、裏面にのりが付いているタイプや簡単に剥がせるタイプの壁紙も購入できます。壁紙を変えれば、部屋全体の雰囲気を変えられるのでおすすめです。

DIYでの施工が可能な別の箇所として床があります。フローリングや畳の張り替えについては専門的な知識が必要ですガ、クッションフロアを敷くなどのアレンジでは、DIYをおすすめします。こだわりのデザインのクッションフロアを敷いて、居心地のよい空間を構築しましょう。

DIYでの施工が難しいもの

部屋の間取りを変更するような大掛かりな施工や下地材による補修が必要な施工については、業者に依頼する方がよいでしょう。

壁紙の変更についてはやり直しが可能ですが、壁の撤去や床の解体などはやり直しが難しい工事とされます。施工途中で業者に依頼するのも可能ですが、通常のリフォームやリノベーションに比べて高額な費用がかかる場合もあります。

コンセントや照明の位置の変更についても、業者に依頼する方がよいでしょう。電気工事には資格が必要で、無資格での施工は認められていません。

DIYによる内装のリフォームやリノベーションの方法

DIYによる内装のリフォームやリノベーションとして、上述した壁紙の貼り替えやクッションフロアの設置などがあります。ここでは、それぞれの施工の方法について詳しく解説します。

壁紙の貼り替え

壁紙には大きく分けるとのりの付いているタイプ、のりがついていないタイプ、シールになっているタイプがあります。のりを付ける手間を省きたい方はのりの付いているタイプを、自分のペースでじっくりと貼り替えをしたい方にはのりの付いていないタイプがおすすめです。

壁紙の貼り替えの経験がない方はシールになっているタイプがよいでしょう。失敗してもすぐに剥がせるため、やり直しが可能です。

壁紙の貼り替えをする際には、最初に下地をキレイな状態にしましょう。壁にゴミやホコリが付着していたら、雑巾を使って取り除きます。壁紙を貼り終えたら、バケやローラーを使って平らな状態にします。

クッションフロアの設置

クッションフロアを設置する際には、はじめに床をきれいに掃除します。ゴミやホコリが付着している場合は、掃除機や雑巾で丁寧に汚れを落としましょう。

床の掃除が終わったら、クッションフロアを仮置きします。部屋のサイズよりも大きい場合は、シートを丁寧にカットします。仮置きが終わったら、床に両面テープを貼り付けてクッションシートを取り付けます。

まとめ

予算を抑えたリフォームやリノベーションをお考えの方は、DIYによる施工がおすすめです。内装工事についても壁紙の貼り替えやクッションフロアの設置なら、初心者の方でも簡単にできるでしょう。ただし、リフォームやリノベーションの中にはDIYでの施工が難しいものもあるため、慎重な検討をしてから取り掛かることをおすすめします。

DIYで内装する場合は2人以上で作業することがよいでしょう。1人で作業する際では気がつかないミスでも、2人以上ならお互いに状況を確認できるのでミスも防げます。DIYによるリフォームやリノベーションで、快適な空間を構築しましょう。

関連記事はこちら▼
完全版|おしゃれな内装リフォーム・リノベーションのガイド~種類・費用・事例まとめ~

無料でお届け!収納リノベーションの施工事例集

「収納だけリノベする」という選択

こんな方におすすめです

・収納が少ないので、一部屋収納に特化した部屋が欲しい
・押し入れをクローゼットにしたい
・和室をウォークインクローゼットに変更したい
・シューズクローゼットを設置したい


簡単30秒!リノベ事例集を取寄せ(無料)