Column

外壁リフォーム・リノベーションに使える補助金・助成金は?

外壁のリフォームやリノベーションにかかる費用を抑える方法のひとつとして、補助金や助成金制度の活用があります。条件がそろっていれば誰でも申請できるという魅力もありますが、どのような制度を利用できるのかが分からないという方もいるのではないでしょうか。

そこで今回の記事では、外壁工事に関するおすすめの補助金・助成金制度をご紹介します。補助金・助成金制度の探し方についても解説しますので、外壁工事をお考えの方は参考にしてください。

 

2021年11月時点における外壁工事の補助金・助成金制度

補助金・助成金とは返済不要のお金を支給する制度のことです。国や地方自治体が資金を提供する制度で、地域によって募集している補助金・助成金が異なります。ここでは、2021年11月時点で募集している補助金・助成金を4つ紹介します。補助金・助成金の活用を検討する際の参考にしてください。

 

長期優良化リフォーム推進事業制度

長期優良化リフォーム推進事業制度とは、現在住んでいる住宅を長寿命仕様にしたり、複数世帯にするための工事に対する補助制度のことです。高品質の住宅や子育てをしやすい環境作りを目的としています。

補助の対象となるのはリフォームを伴う工事です。店舗や事務所については対象外ですが、住宅ならば戸建住宅や共同住宅に関わらず補助の対象です。外壁に関連する工事のうち、長期優良化リフォーム推進事業制度を利用できるのは以下の工事です。

・耐震対策として耐力壁の設置
・断熱玄関ドアの設置
・外壁通気構造化
・バルコニーの防水工事
・基礎補強

(参考:国土交通省「令和3年度「長期優良住宅化リフォーム推進事業」の募集を開始します!」)

 

高反射率塗料等材料費助成

高反射率塗料等材料費助成とは地球温暖化対策に関連した助成金制度で、高反射率塗料等の被覆工事をする際に材料費の一部や全額を負担する制度です。

助成金は住宅用、共同住宅用、事務所用の建物が対象となっています。例えば、東京都港区では助成金の上限額が住宅用が30万円、共同住宅や事務所用には100万円が設定されています。反射率塗料等材料費助成は申請受付期間を設けており、2022年2月28日が年度期限です。

(参考:港区「高反射率塗料等材料費助成」)

 

住宅簡易改修工事費助成

住宅簡易改修工事費助成とは、住宅の簡易改修工事をする際に工事費用の一部を負担する助成金制度です。対象となる改修工事として以下のものが挙げられます。

・屋根や外壁の改修や模様替えを行う工事
・土台や基礎の工事
・ベランダや外階段の工事
・窓や扉に関連した工事

例えば東京都渋谷区では10万円を限度に、消費税を除く工事費用の20%を助成金として支給しています。助成金額は地方自治体によって異なるため、前もって確認しておきましょう

(参考:渋谷区「住宅簡易改修支援事業」)

 

住宅改修補助金制度

住宅改修補助金制度とは住宅を改修する予定の方が利用できる補助金で、工事費用の条件や地元の施工業者が工事をするなどの条件を満たしている場合に利用できます。金額は地方自治体によって異なります。一例として栃木県宇都宮市では上限10万円に設定されており、消費税を除く工事費用の10%が補助されます。

(参考:宇都宮市「令和3年度の住宅改修補助制度」)

 

補助金・助成金制度の探し方

補助金や助成金を活用したいものの、探し方が分からないという方もいるのではないでしょうか。ここでは、補助金や助成金制度を探す際の3つの方法についてご紹介します。

 

「地方公共団体における住宅リフォームに係わる支援制度検索サイト」を利用する

1つ目の方法は「地方公共団体における住宅リフォームに係わる支援制度検索サイト」の利用です。地域や制度内容などの項目があり、自分に合った補助金・助成金制度を見つけられるでしょう。情報は常に更新されており、新しく募集を開始した補助金・助成金制度も見つけられます。

(参考:地方公共団体における住宅リフォームに係わる支援制度検索サイト(令和3年度版))

 

自治体のホームページで調べる

2つ目の方法は地方自治体のホームページです。各市町村ではホームページを開設しており、募集中の補助金・助成金の情報も掲載しています。補助金・助成金については地域によっては募集を終了しているケースや募集をしていないケースもあります。地方自治体のホームページなら募集している情報だけを掲載しているの効率的で便利ですね。

 

自治体の窓口で相談する

3つ目の方法は地方自治体の窓口で直接相談する方法です。ホームページや検索サイトで探すのは苦手な方は、直接尋ねるのがよいでしょう。注意したいのは、相談窓口は各市町村によって異なる点。前もって受付窓口の連絡先や住所を確認しておくのが’よいでしょう。

 

まとめ

外壁リフォーム・リノベーション工事をする際には補助金や助成金制度の活用を検討しましょう。要件を満たしていれば、国や地方自治体で工事費用を負担してもらえる可能性もあります。補助金や助成金制度を探すときには「地方公共団体における住宅リフォームに係わる支援制度検索サイト」や地方自治体のサイトを利用しましょう。ホームページで探すのが苦手な方は窓口での相談がおすすめです。

関連記事はこちら▼
完全版|外壁のリフォーム・リノベーションのガイド〜種類・費用・事例まとめ〜

無料でお届け!収納リノベーションの施工事例集

「収納だけリノベする」という選択

こんな方におすすめです

・収納が少ないので、一部屋収納に特化した部屋が欲しい
・押し入れをクローゼットにしたい
・和室をウォークインクローゼットに変更したい
・シューズクローゼットを設置したい


簡単30秒!リノベ事例集を取寄せ(無料)