Column

おうちのポイントになる!素敵で満足するアクセント壁を叶える方法

ちょうど目が自然と行く部分にアクセント壁があるとまさに効果的にその壁が映えて見えます。おうちのポイントになりそのおうちの雰囲気を印象付ける効果もあります。今回はそんな素敵で満足するアクセント壁を叶えるために知っておいて欲しいポイントをお届けします。

アクセントは面全体で見せると上手いく

アクセントにしたいなと思った壁は写真のように、単に壁面部分だけでなく扉などその面に有るもの全てを含めて考えると綺麗なアクセントの面が出来上がります。実は扉も大事で扉のデザインによっては壁紙の雰囲気と合わないケースもあります。実際の打ち合わせでは壁紙と扉を選ぶタイミングがズレることもあるので、アクセントにしたい面がある場合は早めに設計やコーディネーターに伝えその面に何があるのか、扉やコンセントやスイッチなど壁が綺麗にアクセントとして見えるように考慮してもらいましょう。

色の効果とプラスアルファ

周りが白い壁や明るい床で統一されている中でアクセントにグレーや黒系を取り入れるとシックでモダンな印象になりますが、写真の場合は扉のデザインやチェッカーガラスを取り入れていることでモダンになりすぎずナチュラルな印象を残しています。どんな雰囲気にしたいのか色で大きく雰囲気が変わります。また先にも書いた扉のデザインでもその壁の見え方は異なります。どんな雰囲気にしたいのかでアクセントに取り入れる色やデザインを考えていくと良いでしょう。またプラスアルファとしてアートを壁に掛けるとグッとオシャレにオリジナルの空間になります。額の色をアクセントカラーに合わせて飾るコトも一つ。あるいは飾りたいアートからアクセント壁の雰囲気を作っていくのも一つです。壁補強も忘れずに確認しましょう。

まとめ

どこかにアクセントを取り入れたい。そう思ったら早めに相談です。どんな雰囲気にしたいのか周りとのバランスを考え、より綺麗に効果的に見えるようにその壁に絡む部分の準備をしてもらいましょう。素敵で満足するアクセント空間を叶えましょう。

100社を超えるリフォーム・リノベ会社の事例をまとめました! リフォーム・リノベ会社の

事例集ダウンロード

リフォーム・リノベ会社の

紹介を希望する

ライタープロフィール|真栄城 あさみ

真栄城あさみ
インテリアコーディネーター/自宅収益化プロデューサー
300件以上の自宅・店舗プロデュース。
サポート歴16年目。現在は本場ロンドンから最新情報を発信。
自宅空間を好きなコトで収益化し自由な働き方を叶える。
仕事も暮らしも心から楽しむ人を増やすことを使命に活動中。

HP: https://amudesign-m.com
Instagram: asami_maeshiro

100社を超えるリフォーム・リノベ会社の事例をまとめました! リフォーム・リノベ会社の

事例集ダウンロード

リフォーム・リノベ会社の

紹介を希望する