Column

階段の架け替えリフォームの費用相場は?業者に依頼する際のポイントも解説

年齢を重ねても安心して暮らせる家にするために、定期的なリフォームを検討したいものです。一戸建てに住んでいる方なら、既存の階段を解体して新たな階段を設置する架け替えのリフォームはいかがでしょうか。

今回の記事では、階段の架け替えリフォームの費用相場についてご紹介します。架け替えをする際に考えておきたいおすすめのリフォームや業者にリフォームを依頼する際のポイントも詳しく解説します。階段のリフォームを検討している方はこの記事を参考にしてください。

こちらもチェック
完全版|階段のリフォーム・リノベーションのガイド〜種類・費用・事例まとめ〜

階段の架け替えによるリフォームの費用相場

階段の架け替えリフォームには既存の階段から新しい階段に架け替えるリフォームと、階段の位置や向きを変えるリフォームがあります。ここでは、それぞれのリフォームの費用相場を見ていきましょう。

古い階段を新しく架け替える場合

古い階段を撤去してから新しい階段に架け替える場合、60万円~100万円の費用が見込まれます。主な費用の内訳は既存の階段の撤去代、階段を設置する際の下地材、階段の本体代、巾木の設置代、工賃や人件費などです。

階段の本体にかかる費用は購入した商品によっても変わります。一方で工賃や人件費については依頼する施工業者によって異なるため、見積もりを出す際に確認しておくのがよいでしょう。

(参考:リフォームガイド「階段リフォームを完全解説!事例や費用相場、押さえるべきポイントも」)

階段の位置や向きを変更する場合

階段を別の場所に設置する場合の費用相場は150万円~300万円のようです。2階を支える柱や壁の変更が必要なケースもあり、通常の架け替えリフォームよりも費用がかかります。工期も長くなるため、リフォームを依頼する際には費用だけではなく工期の確認もしておくとよいでしょう。

(参考:ハピすむ「階段リフォームの見積もりは何が重要になるの?」)

架け替え時に一緒に検討したいおすすめリフォーム

架け替えを検討している方は、別のリフォームを追加で依頼するのもよいでしょう。主なリフォームとして以下の3つがあります。

・滑り止めシートの貼り付け
・手すりの設置
・昇降機の設置

ここでは、それぞれの費用相場を紹介します。

滑り止めシートの貼り付け

階段の昇降中にバランスを崩すと、転倒による打撲や骨折の恐れもあります。階段の踏み台に滑り止めシートを貼り付けておけば、転倒事故を防ぐのに効果的でしょう。

ホームセンターや100円ショップでも販売されており、お手頃な価格で購入できます。できるだけ予算を抑えてリフォームしたい方におすすめです。

手すりの設置

家族に足腰の悪い方や高齢の方がいる場合には手すりの設置も検討しましょう。手すりを設置すれば昇降中の転倒事故を防げますし、介護の必要な方をサポートする際にも役立つでしょう。

階段の手すりを設置する際の費用相場は5万円~10万と言われます。DIYでの設置も可能ですが、安全性を重視するなら施工会社にリフォームを依頼する方がよいでしょう。

(参考:ホームプロ「階段の手すりの取り付けに必要な費用やリフォーム事例を紹介!」)

昇降機の設置

昇降機とはエレベーターのことですが、最近では階段に設置する階段昇降機が注目を集めているようです。エレベーターを自宅に設置するには高額の費用がかかりますが、階段昇降機ならそれに比べて抑えた価格での設置が可能です。昇降機を取り付ければ階段の昇降が便利になるだけでなく、介護の負担も軽減できるでしょう。

昇降機を設置する場合の費用は50万円ほどですが、階段の種類によっては100万円ほどの費用がかかることもあります。前もって施工会社に相談しておくのがよいでしょう。

(参考:ハピすむ「階段リフォームの見積もりは何が重要になるの?」)

業者に見積もりを依頼する際のポイント

階段の架け替えリフォームをする際には施工会社を慎重に選びましょう。施工費用や工事期間は、業者によって様々だからです。ここでは、業者に見積もりを依頼する際の2つのポイントをご紹介します。

複数の業者に依頼する

見積もりを依頼する際のポイントのひとつは、最初から1社に絞らないことです。見積もりを1社のみに依頼しても、施工費用の平均額は分かりません。複数の業者に見積もりを依頼してから比較するのがよいでしょう。

複数の業者に依頼する際には条件を同じにしましょう。条件が異なっていると見積もりの費用が異なってしまい、比較が難しくなるからです。また、他の業者の見積もりを見せてから値下げ交渉をするのは、マナー違反なので避けましょう。

正式見積もりは最後にする

見積もりには概算見積もりと正式見積もりがあります。複数の業者に見積もりを依頼する際には、はじめに概算見積もりを依頼しましょう。概算見積もりで業者を1つに絞ったら、正式見積もりを依頼します。

正式見積もりでは施工で使用する商品や材料の価格、施工における工賃や人件費などが記載されています。正式見積もりを確認して問題がなければ、施工を依頼しましょう。

まとめ

階段の架け替えリフォームの費用相場は、既存の階段から新しい階段に取り換える場合で60万円~100万円、階段の位置や向きを変える場合で150万円~300万円がメドとおわかりいただけたでしょうか。家族に足腰の悪い方や高齢の方がいる場合には、手すりや昇降機の設置も検討しましょう。

リフォームを業者に依頼する際には、複数の業者から選択するのがおすすめです。見積もりを依頼した後に比較をするとよいでしょう。ただし、他の業者の見積もりを他の業者に見せてから価格交渉をするのはマナー違反と覚えておいてください。複数の業者から1社に絞ったら、正式見積もりを依頼しましょう。

こちらもチェック
完全版|階段のリフォーム・リノベーションのガイド〜種類・費用・事例まとめ〜

無料でお届け!収納リノベーションの施工事例集

「収納だけリノベする」という選択

こんな方におすすめです

・収納が少ないので、一部屋収納に特化した部屋が欲しい
・押し入れをクローゼットにしたい
・和室をウォークインクローゼットに変更したい
・シューズクローゼットを設置したい


簡単30秒!リノベ事例集を取寄せ(無料)