Column

もうおしゃれ着をしまうところがない!その悩みは壁面収納(クローゼットタイプ)で解決します

収納やクローゼットはいっぱいで、もうおしゃれ着をしまうところがなくて困っていませんか?詰め込むとシワになり、かといって数を減らせない・・・。

そんな時におすすめなのが、クローゼットタイプの壁面収納です。

壁に衣類収納用の収納スペースが広がります。引き出しやハンガーラック、稼働板付きのボックスなどで組み合わせを作れるため、さまざまなタイプの収納が可能になります。

今回は、クローゼット代わりになる壁面収納についてお伝えします。

 

 

クローゼットタイプの壁面収納のメリット

クローゼットタイプの壁面収納は、4つの利点があります。

  1. 家族や自分好みにカスタマイズできる
  2. 床から天井まで収納として利用できる
  3. まとめて収納できるので、家族の衣類管理が楽になる
  4. インテリアのひとつになる

収納力や収納量は当然ながら、最近は、インテリアに合わせた壁面収納がたくさんあります。それぞれの利点を詳しく見てみましょう。

 

1.家族や自分好みにカスタマイズできる

クローゼットタイプの魅力は、なんと言ってもカスタマイズ性です。

クローゼットタイプの壁面収納の場合、引き出しやハンガーラック、稼働板のついたボックスなどを好みにあわせて設置できるので、ライフスタイルにあわせた設置が可能です。

おしゃれ着が多ければ、ハンガーラックを多めに、帽子や手袋など小さいアイテムが多ければ引き出しの多い収納を設置するといったように、自由自在に対応が可能です。

 

2.床から天井まで収納として利用できる

クローゼットタイプの壁面収納なら組み合わせにより、壁面を最大限活用できます。

クローゼットタイプの壁面収納の場合、床から天井まで収納として利用できるので、大きな収納スペースがもてます。衣類はもちろん、小物や本などもまとめて収納できますよ。ただし天井まで収納にする際には、転倒防止の対策が必要になるので、覚えておきましょう。

 

3.まとめて収納できるので、家族の衣類管理が楽に

ひとまとめにすることで、衣類の管理も楽になります。

壁面収納は壁さえあれば大きな収納スペースが取れるので、家族のものをまとめて収納できるスペースがもてます。一か所にまとめて収納することができれば、着る時はもちろん、収納や整理も簡単になるでしょう。

 

4.インテリアのひとつにも

壁一面を上手に使えば、インテリアとしても活用できます。

収納家具は複数置くと、それぞれの色やデザインから、どうしても統一感のあるインテリアにはなりません。その点、部屋になじむ色やデザインの壁面収納にすれば、インテリアのひとつとしても機能してくれます。また、あえて棚だけの収納を一部分に設置し、観葉植物やオブジェを飾れば、「見せる収納」としても活躍してくれるでしょう。

 

 

クローゼットタイプのデメリット

さまざまなメリットのあるクローゼットタイプの壁面収納ですが、もちろんデメリットもあります。メリットとデメリット双方を比較しておくことが大切です。

主なデメリットは3つ

  1. 圧迫感が生まれやすい
  2. 高い位置の収納は出し入れが難しい
  3. 費用が高くなりやすい

こちらもチェックしてみましょう。

 

1.圧迫感が生まれやすい

クローゼットタイプの壁面収納は、壁一面、床から天井まで収納することになるので、部屋の間取りによっては圧迫感を生じさせることもあります。そのため、壁面収納を設置する部屋は、ある程度の広さのある部屋の方が望ましいといえるでしょう。壁面収納の色を明るくしたり、奥行きを抑えたりするだけでも、圧迫感を減らせます。

 

2.高い位置の収納は出し入れが難しい

床から天井まで収納する場合、どうしても高い位置にある収納は出し入れが難しくなってしまいます。そのため高い位置に収納するものは、出し入れが少ないものにしておいた方がよいでしょう。また防災の観点から、上に行くにつれて軽いものにしておくと安心です。

 

3.費用が高くなりやすい

クローゼットタイプの壁面収納の場合、壁の高さや幅を測って設置するため、オーダーメイドになります。そのため既製品よりも費用は高くなりがちです。また一から作ることになった場合、納期も1か月以上かかることもあるので注意が必要です。

 

 

クローゼットタイプの壁面収納はカスタマイズ性で選ぶ

HAGSアイテム:キッチンキャビネット Bon Bon ボンボン

メリットとデメリット双方を確認してきましたが、ぴったりの壁面収納を選ぶ場合どのような点に注意すればよいでしょうか。

まず、壁面収納のカスタマイズ性に注目しましょう。大きさや種類など組み合わせが可能なら、ライフスタイルにあった収納になるほか、費用面も抑えることが可能です。加えて色やデザインが選べれば、インテリアにあった壁面収納になりますね。

 

 

まとめ

クローゼットタイプの壁面収納について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。床から天井まで収納でき、一か所ですべてのアイテムが収納できるのは、壁面収納の大きな魅力です。おしゃれ着をしまうところがなくて困っているという方は、ぜひ検討してみてください。

無料でお届け!収納リノベーションの施工事例集

「収納だけリノベする」という選択

こんな方におすすめです

・収納が少ないので、一部屋収納に特化した部屋が欲しい
・押し入れをクローゼットにしたい
・和室をウォークインクローゼットに変更したい
・シューズクローゼットを設置したい


簡単30秒!リノベ事例集を取寄せ(無料)