Column

リフォーム・リノベーションで天井高を下げる。メリットやおすすめ参考例を紹介

リフォームやリノベーションのひとつとして天井高の変更があります。普段の生活の中で気にする方は少ないですが、リフォーム・リノベーションを検討する際に天井高の標準はどのくらいなのだろうと改めて疑問に思う方もいるのではないでしょうか。

そこで今回の記事では、天井高の標準や天井高を下げることのメリットについて解説します。おすすめの参考例も紹介していますので、天井高の変更に興味のある方はこの記事を参考にしてください。

リフォーム・リノベ会社の 事例集ダウンロードと
お問い合わせはこちら

天井高の標準

一戸建ての住宅の平均的な天井高は240cmです。建築基準法では居室の天井高は210cm以上と定められていますが、240cmが人気のようです。

開放的な空間にするためにできるだけ天井高を上げたいという方もいますが、快適な空間にするには建物全体の高さを考慮に入れながら、各部屋の天井高を決めるのがおすすめです。

(参考:一戸建ての天井の高さ、理想は結局何センチ?)

天井高を下げることのメリット

天井高を下げることには以下のメリットがあります。

・断熱性や防音性がアップする
・落ち着きのある部屋に変えられる
・掃除がしやすい
・対比効果を利用できる

ここでは、それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。

断熱性や防音性がアップする

冷暖房の効率は体積も関係があります。部屋の体積が少ない方が暖房効率はアップするため、天井高の低い部屋の方が断熱性が高まります。冷暖房でエアコンを利用している方は、電気代の節約にもつながるでしょう。

天井高を低くするリフォームやリノベーションをする場合、既存の天井の下に新しい天井を設置します。二重天井の状態になるため、部屋の音が外に漏れにくくなるメリットも期待できます。

落ち着きのある部屋に変えられる

既存の天井の下に新しい天井を取り付けることで、照明の配線やダクトも隠せます。天井高を下げることで生活感の少ない落ち着きのある空間にも変えられます。

天井高の高い部屋には開放感というメリットがありますが、一方で相手の声が聞こえにくくなるというデメリットもあります。コミュニケーションを取るのが難しくなり、部屋の快適性が失われてしまうことも。天井高を下げると会話がしやすくなるため、部屋の居心地がよくなるでしょう。

掃除がしやすい

カーテンレールや照明器具の位置は天井の高さによって決まります。天井が高いと高所の掃除が難しくなり、面倒に感じてしまうでしょう。高所の掃除の手間や時間を省く方法として天井高を下げるのもおすすめです。

対比効果を利用できる

リビングやダイニングの天井高を上げたいと思っても、建物の構造によって上げるのが難しいケースがあります。そのような場合、他の部屋の天井高を下げるのがおすすめです。

居室として利用しない廊下やキッチンの天井を下げると、建物の空間にメリハリをつけられます。天井の低い部屋があれば、対比効果で他の部屋の天井が高く感じられる効果も生まれます。

天井高を下げるリフォームやリノベーションの費用相場

天井高を下げるリフォームやリノベーションの費用相場は15万円~35万円とされます。ただし、建物の状況や依頼するリフォーム業者によって費用は異なるでしょう。リフォームやリノベーションを依頼する際には、複数のリフォーム業者に見積もりを依頼してから検討するのがおすすめです。

天井高を下げると採光量が減る、圧迫感が出るなどのデメリットもあるため、施工前にはリフォーム業者に相談しておくのがよいでしょう。

(参考:天井を高く・低くリフォーム工事するのにかかる費用・価格の相場は?)

取り入れたいおすすめの参考例

天井高を下げるリフォームやリノベーションをお考えの方の中には、参考例を見てみたいという方もいるのではないでしょうか。ここでは、おすすめの参考例を2つ紹介します。

天井の高さを変えることで空間にメリハリをつける

1つ目は開放感のある部屋と落ち着きのある部屋を組み合わせた参考例です。ダイニングは開放感のある吹き抜けの部屋になっていますが、一方でゆったりとくつろぐリビングの天井高を下げることで空間にメリハリがついています。

リビングの天井部分はウッドパネルを用いており、落ち着きのある雰囲気になっています。床もウッド調のフローリングを取り入れており、深呼吸がしたくなるような部屋に仕上がっています。

木の温かみが感じられる空間にする

2つ目は木の温かみを感じられる部屋に変えた例です。内装は部屋ごとに天井の高さやカラーを変えています。パントリーや靴の収納スペースは暗めのカラーで統一しています。天井を低くすることで、落ち着きのある部屋に仕上がっています。

リビングには梁のような質感のあるクロスを用いており、木の温かみも感じられる空間ですね。

まとめ

天井高を下げることには断熱性や防音性がアップする、落ち着きのある部屋に変えられる、掃除がしやすい、対比効果を利用できるなどのメリットがあります。各部屋の天井高を変えることで、メリハリのある空間にも変えられます。リフォーム・リノベーションをお考えの方は、天井高の高さ変更も検討されてはいかがでしょうか。

関連記事はこちら▼
完全版|天井のリフォーム・リノベーションのガイド〜種類・費用・事例まとめ〜

リフォーム・リノベ会社の 事例集ダウンロードと
お問い合わせはこちら