Column

リフォーム・リノベーションで取り入れたい勾配天井のポイントまとめ

皆さんは「勾配天井」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。一般的な天井は床と並行に真っ直ぐ張られていますが、勾配天井の家では、天井が屋根の形状を生かして斜めに張られています。勾配天井は部屋がおしゃれに見えるだけでなく、機能的にもメリットがあります。そこで今回は、リフォーム・リノベーションで取り入れたい勾配天井のメリットとデメリットについて解説。実際に勾配天井を取り入れた、おしゃれなリノベーション事例も紹介します。

リフォーム・リノベ会社の 事例集ダウンロードと
お問い合わせはこちら

勾配天井のメリットとは?

勾配天井とは、その名の通り傾斜がついている天井のこと。通常の天井は屋根裏の構造に蓋をするような形で真っ直ぐに板を張りますが、勾配天井では屋根の形状をそのまま生かします。吹き抜けになっている1階の部屋や2階の居室などに用いられることが多い勾配天井には、次のようなメリットがあります。

天井が高くなり開放感が生まれる

勾配天井の最大のメリットが空間に開放感が生まれるという点です。屋根の構造をそのまま生かしているので、屋根部分の高さまで天井を高くすることができ、通常の天井に比べて縦の空間にゆとり生まれるのです。天井高を確保する方法としては吹き抜けを設けるというやり方もありますが、上階の面積をその分減らさなければなりません。勾配天井であれば、例えば2階にリビングがある場合などでも開放感を演出できるというのは嬉しいポイントです。

高い位置に窓を設けることができる

勾配天井にすると、部屋の高い位置に窓を設けることができることもメリット。部屋の高い位置に設置した窓からは長い時間日光が差し込むので部屋全体が明るくなり、さらに開放感をプラスすることができます。また、高い位置の窓と低い位置の窓を開けることにより部屋の空気を効率よく循環させることができるので、新鮮な空気を手軽に取り込むことができるのです。

特徴あるデザインを取り入れられる

勾配天井は、通常の家では天井裏に隠れてしまう梁や柱が目に見える場所に出てくるため、オリジナリティある天井デザインを取り入れられます。梁を生かしたデザインにこだわりを持っている人にも、勾配天井のリフォーム・リノベーションはおすすめです。

勾配天井はお手入れが大変?気になるデメリット

勾配天井にはメリットが多くあるとお伝えしてきましたが、もちろんデメリットもあります。続いては気になる勾配天井のデメリットを解説していきましょう。

天井の手入れに手間がかかる

天井高がある勾配天井は、日々のメンテナンスに手間がかかります。例えば天井の電球が切れたので替えたいと思った場合、通常の天井であれば椅子や脚立を使えば交換可能ですが、勾配天井となるとそうはいきません。より高さのある脚立を使って作業するか、もしくはプロに依頼して部屋内に足場を組んで作業してもらう必要があります。高い位置の窓を清掃したい時も、自力で掃除するのが難しい場合があるでしょう。

冬場の暖房効率が悪い

勾配天井のメリットとして空気循環が生まれる点を挙げましたが、冬場はデメリットにもなります。温かい空気は上のほうへ、冷たい空気は下のほうへと動く性質があるため、空気の循環が生まれると生活空間には冷たい空気が溜まりやすくなるのです。冬場に高い位置の窓を開けて換気すると、外から取り込んだ冷たい空気が下のほうに溜まってしまい、暖房効率が悪くなってしまいがち。天井にシーリングファンを設置する、サーキュレーターを用いて空気の流れを作るといった工夫が必要です。

照明の場所が限られる

勾配天井は照明を取り付けられる位置が限られる点もデメリットと言えます。傾斜用のダウンライトであれば比較的自由に場所を決められますが、シーリングライトやペンダントライトとなるとそうはいきません。おまけに空間が広い分照明の数は多めに必要となるため、照明計画をどうするかはあらかじめ検討しておくといいでしょう。

おしゃれな勾配天井事例を見てみよう

勾配天井のメリット・デメリットについて見てきたところで、実際に勾配天井を取り入れたおしゃれ事例を紹介しましょう。紹介するのは新築物件ですが、勾配天井の考え方はリフォーム・リノベーションにも共通ですので参考にしてみてくださいね。

こちらの事例ではリビングが吹き抜けになっており、天井の一部に屋根の形状を生かした傾斜天井が見られます。全体を傾斜天井にするのもいいですが、このように角部分だけが傾斜天井になっているとデザイン性が高まっておしゃれですね。天井にはウエスタンレッドシダーの無垢材を使用。板によって塗装を変えることによって色の濃淡が生まれ、開放的な天井に遊び心がプラスされています。

ヴィンテージ感のある白い木パネルの壁が天井まで続いており、天井の高さと相まって空間的な広がりを演出。天井にシーリングファンを設け、空調効率が悪くなりがちという傾斜天井のデメリットを補っています。

・事例:「HAGSアイテムで叶える「私らしい」家づくり。リノベも、新築も。」

まとめ

家の構造をそのまま生かすことで、開放感を演出できる勾配天井。スペースを無駄にすることなくゆとりある空間を実現できるので、広さが限られている家で取り入れるのもおすすめです。これから戸建てリフォーム・リノベーションを検討しているのであれば、勾配天井を取り入れてみてはいかがでしょうか。

関連記事はこちら▼
完全版|天井のリフォーム・リノベーションのガイド〜種類・費用・事例まとめ〜

リフォーム・リノベ会社の 事例集ダウンロードと
お問い合わせはこちら