床が抜ける原因とは?補修方法も紹介

床が抜ける原因とは?補修方法も紹介


普通に生活していても、フローリングの床が突然抜け落ちて転倒するといったケースがあると言われます。転倒の仕方によっては、打撲や骨折の可能性もあるので十分な注意が必要でしょう。そのため「床が抜けないための見分け方や対処法はあるのだろうか」と疑問に思う方も多いようです。

そこで今回は、床が抜ける原因や抜けないための方法をまとめました。この記事を読むことで、床の構造をより理解することにお役立てください。
 

床が抜ける原因

床が抜ける原因とは?補修方法も紹介


床が抜ける原因はさまざまですが、大きく分けると床板の変形と腐食の2つと言われます。具体的には、床の多くの素材が木材で、気温や湿度の変化によって変形や変質をしやすいからとされます。

加えて、木材には腐朽菌やシロアリが発生することもあります。腐朽菌やシロアリは水分を含んだ木材を好み、放置したままにすると木材が腐食してしまうのです。その結果、床の耐久性が大きく下がり、強い力が加わることで抜け落ちることがあります。
 

床が抜けないようにするには

床が抜ける原因とは?補修方法も紹介


床が抜けないようにするには、日ごろの手入れが大切でしょう。きちんとした床の管理をすることで、床の寿命を伸ばすこともできます。主な方法として以下の2つがあるので覚えておきましょう。


定期的に換気をする

床板の変形や腐食を防ぐには、定期的な換気が大切です。窓を開けたり除湿機を使ったりして湿気を室内にためないようにしましょう。

住宅密集地など、窓を開けるのが難しい住宅については、重曹や木炭による湿度の調節もおすすめです。重曹を入れたビンや木炭などを部屋の隅に置いておくだけで、湿気除去の効果が期待できます。


水漏れをチェックする

キッチンや洗面所の床については、水漏れが無いかを定期的に確認しましょう。水漏れを放っておくと、水が床に染み込んで木材を腐食させる恐れもあるからです。床を確認するときには、水滴の有無に加えて、変色していないかも見ておきましょう。黒く変色している場合、水漏れが起きている可能性があります。また、床の一部分がくぼんでいないのかも確認すると良いでしょう。
 

床が抜けたときの対処法

床が抜ける原因とは?補修方法も紹介


この記事を読んでいる方の中には「すでに床が抜けてしまった場合にはどうすれば良いのか」と悩んでいる方もいらっしゃるかもしれません。ここでは、床が抜けたときの対処法を紹介します。


床の接着をする

床が抜けたものの、基礎部分に大きなダメージが無い場合には、接着剤を使用した修理がおすすめです。ホームセンターでは、フローリングなどの床用の接着剤を販売しています。抜けた床板をはがして、接着剤を塗りましょう。その後、床板を元の場所に戻して乾燥させます。


床板を張り替える

抜けた床板を取り換えたいという場合には、床板の張り替えもおすすめです。フローリングを張り替えるときには、床の張り替えと新しい床の重ね張りの2種類の方法から選択できます。床の重ね張りは、古い床を処分する必要が無いというメリットもあります。

一方で、重ね張りをすると他の床板との段差が生じる可能性があるでしょう。また、古い床板の痛んでいる部分の補修も必要です。そのため、どちらの方法が適しているのか慎重に検討してから決めると良いでしょう。


基礎部分の補修をする

床板が腐食しているときには、基礎部分の腐食がないかも確認しましょう。加えて、腐食の原因に関しても確かめておくことをおすすめします。もし水漏れが原因の場合は、水回りの設備の補修も検討すべきでしょう。一方で湿気が原因の場合は、砂利や木炭を敷いたり換気扇を設置するなどの必要な対策をご検討ください。

基礎部分の腐食に関しては、個人での対処が難しいケースもあります。腐食が進行している場合は、リフォーム業者や工務店などに相談しましょう。症状を確認してもらい、具体的な対処法と補修の費用を尋ねておくことをおすすめします。業者に相談する際は、基礎部分の補修の実績を持つ業者に相談すると良いでしょう。


シロアリの駆除は業者に依頼

床板や基礎部分をチェックしたときに、シロアリを発見することがあります。シロアリが繁殖している場合は、専門業者に相談しましょう。ただし、業者選びは慎重に行うことをおすすめします。

業者の中には、シロアリ駆除に加えて、換気扇の設置や別の床下工事などの不要なサービスを勧めるところもあります。そのため、実績のある業者であるのかを確認しましょう。

シロアリは、放置しておくと建物の基礎部分を破壊する恐れもあります。シロアリを見つけたら早めの相談と駆除対策を心がけてください。
 

まとめ

この記事では、床が抜けてしまう原因と補修方法を紹介しました。床が抜ける原因の多くは、床板の変形と腐食と言われます。部屋に湿気がこもっている場合や水漏れが発生している場合などに腐食が起こります。床が抜けたときには、床板の張り替えや基礎部分の補修をしましょう。また、個人で補修するのが難しい場合は、業者への相談をおすすめします。
 

無料でお届け!自宅リノベーションの施工事例集

「リノベーションしたおしゃれな空間にあこがれるけど、家全体をリノベする予算はない…。」
そんな方々の声に応えるため、自宅リノベーションサービスが誕生しました。

あなたの希望や予算に合わせて、リノベする箇所を自由にカスタマイズできます!
検討のハードルをぐっとおさえ、あこがれの空間づくりを応援します。


詳しくはこちら