Column

「せっ器質タイル(せっきしつたいる)」とは何か?|誰でもわかるリノベ用語集

誰でもわかるリノベ用語集543

100社を超えるリフォーム・リノベ会社の事例をまとめました! リフォーム・リノベ会社の

事例集ダウンロード

リフォーム・リノベ会社の

紹介を希望する

■せっ器質タイル(せっきしつたいる)

「せっ器質タイル」とは「せっきしつたいる」と読みます。「せっ器質タイル」とは、吸水率が5%以下のタイルのことです。粘土や長石などを1,200℃前後で焼いて作ります。せっ器質タイルの特徴は透明性がなく、吸着率が高いことです。

各辞書・辞典からの解説

「せっ器質タイル」について、他の角度からも内容を見ていきましょう。

「リフォーム用語集」より
「リフォーム用語集」において「せっ器質タイル」とは、以下のような文章で説明がされています。
「タイルの素地を1200℃前後の高温で焼き上げたもので、吸水性は小さく(吸水率5%以下)、一般に有色・不透明で、軽く打つと澄んだ音がする。内装・外装タイル、床タイルなどに用いられる。」

つまり、「せっ器質タイル」とは、「1,200℃の高温で焼き上げたタイル」のことであるとおわかり頂けたと思います。

100社を超えるリフォーム・リノベ会社の事例をまとめました! リフォーム・リノベ会社の

事例集ダウンロード

リフォーム・リノベ会社の

紹介を希望する