Column

「小梁(こばり)」とは何か?|誰でもわかるリノベ用語集

誰でもわかるリノベ用語集467

リフォーム・リノベ会社の 事例集ダウンロードと
お問い合わせはこちら

■小梁(こばり)

「小梁」とは「こばり」と読みます。「小梁」とは床や屋根を支える梁部材のことです。大梁や柱と比較すると部材は小さめです。小梁を設ける目的は床や屋根の荷重を受けることです。鉄筋小梁や鉄筋コンクリート小梁などの種類があります。

各辞書・辞典からの解説

「小梁」について、他の角度からも内容を見ていきましょう。

(1)「精選版 日本国語大辞典」より

「精選版 日本国語大辞典」において「小梁」とは、1つ目の意味が「大梁の上にあって、直接床、根太などを受ける小さい梁。」、2つ目の意味が「 鉄筋コンクリート床の場合、その床板を受ける梁。」となっています。

リフォーム、リノベーションにおいて「小梁」とは、「高熱で金属接合させること」であるとおわかり頂けたと思います。

リフォーム・リノベ会社の 事例集ダウンロードと
お問い合わせはこちら