Column

リノベーションで使えるローンまとめ〜一体型ローンとリフォームローンの違いとは

自宅をリノベーションするにあたって、工事費用をローンで賄おうと考えている方も多いのではないでしょうか。リノベーションやリフォームのみを行う場合には住宅ローンは利用できず、専用のリフォームローンを組むのが一般的。ただ、物件購入+リノベーションで一括借入を行うことにより、住宅ローンを利用できるケースもあります。今回は、リノベーションで気になるローンの違いや特徴について詳しく解説していきます。

リノベーションで使えるローンは主に2種類!

リノベーションでローンを組む場合、使えるローンの種類としては大きく「リフォームローン」「住宅ローン(一体型ローン)」の2つがあります。

リフォームローン

リフォームローンとは読んで字のごとく、リフォーム・リノベーション専用で使えるローンのこと。リフォームローンと呼ばれる商品の多くは無担保(家や土地などを担保に入れることなく借りられる)であり、ローン審査が通りやすい傾向にあるなど比較的借り入れやすいのが特徴です。

借り入れやすい分借入可能金額は少なく、返済期間も短め。住宅ローンに比べて金利も高めの傾向が見られます。

住宅ローン(一体型ローン)

住宅購入の際に使えるローンとして知られる住宅ローン。物件購入費用とリノベーション費用をまとめて借り入れる際にも利用できる場合があり、こうした住宅ローンを特に一体型ローンと呼びます。近年人気が高まっている「中古物件を購入してリノベーションする」というやり方であれば、一体型ローンを検討するのがおすすめです。

住宅ローン(一体型ローン)のメリット

リノベーションで使えるローンとしては「リフォームローン」「住宅ローン(一体型ローン)」の2種類があるとお伝えしましたが、中でもおすすめなのが住宅ローン(一体型ローン)です。住宅ローンのメリットとしては次のような点が挙げられます。

  • リフォームローンに比べて金利が低め
  • 借入可能金額の上限が高め
  • 返済期間が長めなので、無理のない返済計画が立てやすい
  • 住宅ローン控除の対象となる可能性がある

お金を借り入れるという点のみにおいては、リフォームローンよりも住宅ローンのほうがお得と考えられるでしょう。

ただし、担保評価が必要となること、収入要件をはじめとしたローン審査の基準が厳しめであることなどから、リフォームローンよりも借入のハードルが高い点は注意が必要です。

一体型ローンは工事費+物件取得費での審査が必要

リノベーションにあたって住宅ローン(一体型ローン)を利用するためには、もう1点気をつけなければならないことがあります。それは、住宅ローンはリノベーション工事費+物件取得費一括で銀行の本審査提出書類を準備する必要がある、ということです。これを踏まえて、リノベーションにおいて住宅ローンを借り入れる場合の流れについて見てみましょう。

住宅ローン申し込みの流れ

  1. リノベーションするための中古物件を探す
  2. 好みの中古物件が見つかったら、必要書類を揃えて銀行などに事前審査を申し込む
  3. 事前審査がOKだったら、中古物件の売買契約を締結する
  4. リノベーション工事費+物件取得費一括で必要書類を準備し、銀行などに本審査を申し込む
  5. 本審査が通ったら、中古物件の引き渡しを受ける

一連の流れを見ると、住宅ローンの本審査を申し込む時点でリノベーション工事費をある程度確定させておく必要があります。つまり、中古物件を選ぶと同時にリノベーション内容を決めておかなければならないのです。

見方を変えれば、リノベーション費用も合わせて住宅ローンを組むか、リノベーション費用は別にリフォームローンを組むかによって、工事費用見積もりの作成時期が変わってくるということ。最初からリフォームローンを組む想定であれば見積もり作成を急ぐ必要はありませんが、先ほど紹介した通り、金利が高い・借入可能金額が少ないといった点を考慮に入れておかなければなりません。

住宅ローンを組むにはワンストップリノベーションが適している理由

物件取得の時点でリノベーション内容を決めるとなると、物件選びと並行してリノベーションプランを詰めていかなければなりません。こうした流れをスムーズに進めるには、物件取得+リノベーションプランニング+一体型ローンの組成という3点に精通した、ワンストップリノベーションを手がけるリノベーション会社に依頼するのが理想と言えるでしょう。

リノベ不動産では、住宅ローンの基礎から学べるローン相談会を実施しています。リノベーションにおけるローンについて悩んでいるなら、相談会に参加してみてはいかがでしょうか。

リノベ不動産|特別イベント「ローン相談会」

まとめ

リノベーションで使えるローンは、リノベーション・リフォーム専用のローンである「リフォームローン」、物件取得とリノベーション工事費用を合わせて借り入れる「住宅ローン(一体型ローン)」の2種類があります。

返済額を抑えたいのであれば、金利が低く返済期間が長い住宅ローンを利用するのがおすすめです。リノベーションにおいて住宅ローンを利用するにあたっては、物件取得+リノベーションを一体的に考えていく必要があるので、どちらにも精通したワンストップリノベーションを手がけるリノベーション会社に相談するのがいいでしょう。

無料でお届け!収納リノベーションの施工事例集

「収納だけリノベする」という選択

こんな方におすすめです

・収納が少ないので、一部屋収納に特化した部屋が欲しい
・押し入れをクローゼットにしたい
・和室をウォークインクローゼットに変更したい
・シューズクローゼットを設置したい


簡単30秒!リノベ事例集を取寄せ(無料)