Column

地震に備える!本棚の耐震性を高めるリフォーム・リノベーション

収納力のある本棚を置きたいけれど、地震で倒れないか心配。震災被害の報道などでは、倒れた本棚の下敷きになってしまったり、落ちてきたもので怪我をするという例もあると伝えられています。

本棚のように背の高い家具を置くならば、地震に対する備えもしっかり考えておきたいものです。そこで、今回は、リフォーム・リノベーションで地震に強い本棚を作る方法をご説明します。

本棚リノベーションをもっと詳しく。
完全版|本棚のリフォーム・リノベーションのガイド〜種類・費用・事例まとめ〜

100社を超えるリフォーム・リノベ会社の事例をまとめました! リフォーム・リノベ会社の

事例集ダウンロード

リフォーム・リノベ会社の

紹介を希望する

耐震性の高い住宅でも本棚の地震対策は重要

いくつもの大きな震災を経験し、日本の住宅は地震に強い工法が使われるようになってきています。
強い柱や壁で倒れにくくする耐震構造、揺れを吸収して建物を守る制振構造、地面の揺れを建物に伝えにくくする免振構造など、建物を倒れにくくする技術が進歩しているのは、ご存知のとおりです。

ただし、気を付けたいのは、建物が地震に強いということが、すなわち家具が倒れにくい、という意味では必ずしもないというところ。地震に強い建物でも、振動で建物は揺れるのです。構造によっては、建物が揺れを吸収することで、室内の揺れが大きくなってしまうことも。

地震に強い建物であっても、もし、家の中の家具が何も対策されていなければ、揺れで倒れたり移動したりしてしまうでしょう。これは、人が家の中で過ごしてるときには大変危険な状況であるともいえます。

地震に強い建物でも、家の中で安心して過ごせるよう、本棚のような大きな家具はしっかりと地震対策をしておきましょう。

参考:収納ラボ「家具の転倒防止が、家族の命と暮らしを守る。」

リフォーム・リノベーションで人気のオーダーメイド本棚は耐震性が高い?

壁一面の本棚や、デスクに合わせたぴったりサイズの本棚、ちょっとしたスペースを上手に使った本棚など、オーダーメイドで造り付ける本棚は、デザインや使う素材を選べたり、サイズを細かく決められる自由度が高いとあって、リノベーションでも人気があるようです。

その上、オーダーメイドの本棚は、地震にも強いとされています。

その理由として、まずあげられるのは、サイズを調整して、床から天井までめいっぱいのサイズにできること。サイズを合わせて部屋と一体化することで倒れにくい本棚になります。柱や梁があってフラットでない壁や天井でも、オーダーメイドの造り付け本棚なら、その凸凹に合わせて作ることもできます。

次に、本棚を壁や柱に固定することができること。本棚の固定はDIYで金具などを使ってすることもできますが、しっかり固定するには壁の中の強い部材の位置を見つける「技」が必要になると言われています。しかも、オーダーメイドなら造り付ける時に目立たないような方法で固定してもらうこともできます。

既製品にも素敵なデザインの本棚はありますが、地震対策用の突っ張りポールや固定金具が見えてしまっては、ちょっと残念な気持ちになってしまいそうです。オーダーメイドの造作本棚なら、見た目もスマートに耐震性の高い本棚を設置することもできます。

リフォーム・リノベーションで耐震性アップ!本棚の地震対策

実は、本棚の設置場所選びも重要な地震対策になります。例えば、ドアや窓の近くに大きな本棚があると、倒れた時に玄関や窓への脱出ルートがふさがれてしまうことも考えられます。部屋の外で本棚が倒れて、ドアが開けられなくなり閉じ込められてしまった、なんてことも。

また、寝室に本棚を置くなら、倒れても寝ている場所に届かないサイズにとどめておくべきでしょう。本棚自体が倒れなくても、収納している本や雑貨などが落ちてくれば、怪我をすることもあります。

特に本棚のなかでも、壁面を大きく使うようなものを設置しようとする時には、家の間取りとも大きく関わってきます。専門家と相談できるリフォーム・リノベーションは、地震が来た時により安心な場所に本棚を設置するいい機会です。

地震が来た時、より安全な本棚の設置場所はどこなのか、家の中での動線や人の滞在状況を踏まえて、プロの目で検討してもらえると、安心ですね。

DIYで備える!セルフリノベーションでオシャレに本棚の耐震性アップ

本棚は大きさがあってインテリアのなかでも存在感のある家具の一つといえます。耐震性は大事だけれど、味気ない耐震グッズで折角のおしゃれなインテリアを台無しにしたくない、ということもありますよね。

本棚の地震対策で、プロのように見えないところで固定するのは難しいかもしれませんが、デコレーションなどでインテリアになじむようにする方法を試してみてはいかがでしょうか。

オシャレな耐震グッズを選ぶ

こちらの写真のカラフルなお人形さんたち、実は、突っ張り式で本棚を守る転倒防止棒なのです。本棚と天井の間の隙間に突っ張り式のポールを入れて固定する方法は、定番の地震対策ですが、オシャレなアイテムも登場してきました。

インダストリアル調などのクールなインテリアに似合うマットなブラックのポールや、家具や内装に使われるような本格的な木材を使用したポールなど、テイストに合わせて探してみてください。

また、突っ張りポールや金具、固定用のワイヤーなど、隠せないところにある耐震グッズを、お部屋に合わせてリメイクしてしまうこともできます。リメイクシートやマスキングテープなら種類も多く入手も簡単。お好みの柄やカラーを選んで耐震グッズに貼り付ければ、目立たないようになじませたりも、かわいくデコレーションしてアクセントにすることもできますね。

まとめ

本棚の地震対策について、オーダーメイドの造作本棚は耐震性が高い物が作れること、家の中での設置場所が大切なのでリフォームやリノベーションでプロの目で見てもらうことが安心につながることなどをご紹介してきました。

セルフリノベーションで耐震グッズを使った本棚の地震対策をするときには、耐震グッズのデザインやリメイクも考えると、インテリアを邪魔しない耐震対策も施せるでしょう。

本棚リノベーションをもっと詳しく。
完全版|本棚のリフォーム・リノベーションのガイド〜種類・費用・事例まとめ〜

100社を超えるリフォーム・リノベ会社の事例をまとめました! リフォーム・リノベ会社の

事例集ダウンロード

リフォーム・リノベ会社の

紹介を希望する