Column

自分好みの書斎・ワークスペースでさらに豊かな毎日を|暮らしとアイテムvol.110

【暮らしとアイテム】

リノベ先輩の事例にはヒントがいっぱい!毎日の暮らしを彩る、リノベのアイテムたち。

ここでは、取材した事例を見ながら、実際使われているアイテムをヒントに、「他にはどんなアイテムが合うのか?」をご紹介していきます。

今日の事例|書斎・ワークスペース

こちらは爽やかにヴィンテージ感が漂う書斎・ワークスペースの事例です。暗く狭い印象になりがちな作業場ですが、明るい床色と個性的な照明で開放的に仕上げることができました。また、机の横に取り付けられたオープン収納もさりげなく空間のアクセントになっていて、こちらは収納としてだけでなく飾り棚としても活用できます。

近年、人気の高い書斎やワークスペース。リビングや寝室とは別に「一人でゆっくり過ごせる空間」を作って、毎日の生活をさらに豊かにできれば嬉しいですね。
床面積にゆとりがなく諦めないと…といった方も少なくありませんが、実は工夫次第で「狭くても居心地の良いスペース」は作ることが可能です。リノベーションを機に自分だけの快適な空間を手に入れてみてはいかがでしょうか。

▼この事例の取材記事はコチラ
【リノベ|インタビュー】こんなに変わる!?リノベ済物件のすごいプチリノベBefore/After

この事例の注目アイテム

棚板

壁面収納のひとつに、棚板を使ったオープン収納があります。カフェなどでもよく採用されているオープン収納ですが、見た目がおしゃれなだけでなく、扉の開閉がないため物を取り出しやすく戻しやすいといったメリットも。収納棚だからといって何でも置くのではなく、使用頻度の高いものや、デザイン性のある小物などを「飾るように置く」のがポイントです。

棚板は種類や大きさが豊富なため、様々な空間に合わせて取り付けることができますし、扉等がない分比較的安価に設置できるのも嬉しいですね。

フローリング

新築やリフォームを問わず、常に人気の高いフローリング。ただ一言でフローリングと言っても、いざとなるとどれにしたらいいのか悩みがちな面も。そんな時は、まず空間全体をどんな雰囲気にしたいかということを考えると、色や素材が絞られて選びやすくなります。

例えば今回の事例のように、明るい床にすると爽やかな空間になり、開放感が得られます。逆に、暗い床にした場合には、ぐっと落ち着きが出るため、その重厚感が好まれるケースも多くあります。もし好みの空間が分からない場合は、様々な事例を見て特に気に入ったものを複数あげてみると、ふと自分好みの傾向が見つかる場合もありますよ。

照明

数多くの種類がある照明ですが、こちらもどんな空間にしたいかによって候補となるアイテムを絞っていきやすくなります。今回の事例のようなシンプルな空間には、少しだけ個性的な照明をチョイスすると、邪魔にならない程度のアクセントになり、一気に洗練された印象になります。

選んだアイテムによって部屋の雰囲気が一変すると言っても過言ではない照明。実用性はもちろん、空間を演出するインテリアとしてお気に入りのものが見つかると、リノベーション後の新しい暮らしがますます楽しくなりそうですね。

この事例に合うHAGSアイテム

HAGSには、実際のリノベーションで使用しているプロ厳選のアイテムを豊富にラインナップ。この事例に合う、HAGSのアイテムたちをご紹介します。

仕上げてる棚板 [厚20mm 糸面] ライトクリア色 木目オーク柄

コルクフロア コンフォート インスパイア

シーリングライト Polygonal ポリゴナル

 

▼この事例の取材記事はコチラ
【リノベ|インタビュー】こんなに変わる!?リノベ済物件のすごいプチリノベBefore/After

▼インテリアに悩んだら
リノベのプロが使う建材もインテリアもまるっと揃うHAGS

まとめ

「このアイテムはどんな空間に合うんだろう?」「どんな事例にこのアイテムが使われているんだろう?」このコラムはそんな声にお応えして生まれました。

この事例では、暗く狭い印象になりがちな書斎・ワークスペースを、照明や床材を工夫をして明るく爽やかな空間に仕上げることができました。棚板で作ったオープン収納は、おしゃれなだけでなく使い勝手も良いので、作業空間に適した収納方法でもあります。

HAGSの自宅リノベーションでは、物件や、住む人のライフスタイルに最も合うよう、素材やアイテムを自由にアレンジ、空間ごとイメージを一新することもできます。ぜひお気に入りのアイテムを見つけてみてくださいね。